笑ろてるパパがええやん!NPO法人ファザーリング・ジャパン関西(FJK) 公式サイト

[Member’s Interview #003] 佐野直樹さん [完全版] ②リアル脱出ゲーム編

[Member's Interview #002] 草野宗徳さん

事務局長の島津がFJKメンバーに対して、ネホリハホリとホンネを聞き出す「Member’s Interview」。

第3弾は、”アナゲー(アナログゲーム)大好き” な佐野直樹さん。インタビュー[完全版]として、まずは「②リアル脱出ゲーム編」からどうぞ。

▶︎佐野さんのくわしいプロフィール

 [完全版] ②リアル脱出ゲーム編

[Member's Interview #003] 佐野直樹さん [完全版] ②リアル脱出ゲーム編

佐野さんはFJKの部活動では「アナゲー部」だけでなく「ナゾトキ部」の部長もされていますが、リアル脱出ゲームにハマったキッカケってなんですか?

平成27年3月にFJK公開勉強会でアナゲー講座を開催できて、
アナゲーが次のステージに移ったかな~って思ったんですね。

FJKのメンバーや子どもたちをもっと巻き込めるものはないか、
できれば、体を動かす系というか、
スポーツとかまでいかないんですけど、
親子で、一緒に、アクティブに
遊べるコンテンツがないかなと探していたところ、
平成27年8月に
「仕立て屋シャルロッテの秘密」
というリアル脱出ゲームを見つけ、参加しました!

この時は友人と6人1組で参加しましたが、
これが僕にとって衝撃でしたね!

とにかく、理屈抜きで面白かったんですよ!
脱出には失敗しましたが、そんなもの関係なしで
僕の中の「リトル佐野」が目を覚ました感じです(笑)

実は僕、高校生のときに高校生クイズにはまってまして、
3年間、毎年出場しました。
3年生のときは生徒会長という立場を利用して、
校内で出場チームを募集して
100人くらいで30チームくらい作って挑戦しました。

そこまでやっときながら、
僕自身の高校生クイズの結果は
3年連続1問目敗退ということで、
予選突破どころか
一度も正解したことありませんでした。

問題集買ったりしてめちゃくちゃ勉強したのにですよ。

高校生クイズって、最初は何問か○×クイズが続くんですが、
僕はどうしても問題の答えがどうこうというより
出題者の意図を読もうとしたり
他のチームの動きを見過ぎてしまって、
ダメですね~。

「ここ4年間、1問目の答えは×やから今年は○や」
「他のチーム○に移動したから×にしとこ」
とか。

大学生になったら当然のように
「アタック25」への挑戦が始まりまして(笑)
毎年予選会に出場していましたが
一度も本戦に行けたことはありません。
僕、基本、純粋なクイズは知識がないんでダメなんですよ。

なので、
単に知識の有無を問わないゲーム、
出題者の意図やカラクリを推理するゲームである
「リアル脱出ゲーム」
にハマったのは当然かもしれませんね。

ちなみに、
リアル脱出ゲームは必ず脱出できるわけじゃないんです。
むしろ脱出できないことのほうが圧倒的に多い!

僕のリアル脱出ゲーム戦績は9戦2勝です。
7回も脱出に失敗しているんです!

ただ、脱出できないからこそ面白いといいますか、
結果じゃなくて、その過程がをいかに楽しめるか、
それが大事なんです!
これ、負け惜しみじゃないですから!

簡単すぎたら面白くないんですよ!
それに、賢い人だけが解ける問題なんて面白くないんです!
答えを聞いたら
「あ~、なんやそういうことか~」
という感じ。
答えを聞いたら当たり前だと思うけど、
なんで解けなかったんやろ~
くらいがちょうどいいんです!

リアル脱出ゲームは、10人1組で参加するタイプもあって、
職場の同僚と3回ほどチャレンジしました。
ぜひみなさんも、職場のメンバーで
リアル脱出ゲームに行ってほしいですね。
ものすごく仲良くなれますよ!

ただ、気をつけないといけないのは、
職場の上下関係をもちこまないことです。僕がこの前失敗したのは、
一緒にチームを組んだ部下が解いたナゾを
「どうやって解いたか報告して」
とものすごい上司感を出してしまったことですね(苦笑)

その部下の方、もう二度と佐野さんとは行かないでしょうね(笑)リアル脱出ゲームとは少し違いますがFJKにはパパクエストという講座があります。

僕がリアル脱出ゲームにハマったのと同じくらいのタイミングで、
FJKでパパクエストという企画が始まりまりました。

リアル脱出ゲームとパパクエストってよく似ていて、
大人が頭を使って謎を解いて、
ミッションをクリアして次に進んでいくんです。

巨大迷路やスタンプラリーと違うのは、
謎を解くとかミッションをクリアする
といったところがあるかないかですね。

来月、12月から藤井寺、岸和田で実施するパパクエストは
リアル脱出ゲームの要素を取り入れた、パパと子どもの冒険です。

スタンプラリーみたいに、
とりあえずその場所に行って
スタンプを集めたらクリアできるなんてもんじゃありません!
大人だったら簡単に分かる謎ばかりではありません!

そして
FJKが実施するんだから、ただ謎を解くだけじゃないですよ!
これ以上はネタバレになるので今は言えませんが、
大人と子どもが協力しないと解けないナゾ、ミッションが
たっぷり用意されています!

簡単すぎたら面白くないんです!
大人も必死に頭を使ってください!

大人が本気で楽しんでいるところを見て、
子どもも喜びます。

今年の夏にFJK父子ツアーの中で、
パパクエストを企画させてもらえました。

大自然というフィールドと
パパと子が協力するといったシチュエーションを取り入れた内容で、
楽しかった、またやりたいという嬉しい感想をいただきましたが、
個人的な反省点とすれば、
ちょっとヒントを出し過ぎたかなと。
もっとパパに悩んでもらっても良かったかなと思っています。
ま、あんまり難しくし過ぎると
子どもが面白くないという悩みはありますので、
そのへんのさじ加減っていうのが難しいですね。

イベントの目的によっても変わってくるのですが、
例えばパパと子のコミュニケ―ションを目的とするのか、
パパ同士のつながりをもつことを目的とするのか。

他にも
「ナゾトキまち歩き」
といって、
謎を解きながらまちを歩いて、
ちょっとした観光につなげるといったこともできますし、
実はナゾトキって色々な可能性をもっていると思うんですよ!

だから、今後色々なイベントに協力できるようになるために、
もっと僕のナゾトキ経験値をあげないといけないので、
色んなリアル脱出イベントに遊びにいきたいと思います(笑)

関連リンク

[Member’s Interview #003] 佐野直樹さん [完全版] ①アナゲー編

[Member’s Interview #003] 佐野直樹さん [完全版] ②リアル脱出ゲーム編

[Member’s Interview #003] 佐野直樹さん [完全版] ③パパクエスト編

[Member’s Interview #003] 佐野直樹さん [完全版] ④FJK入会編

▶︎[ダイジェスト版] はこちら

 

【いち早くインタビューを読みたい方へ]
この「Member’s Interview」は、毎月一回配信しているメルマガ内のコンテンツを元に再編集したものです。早く読みたい!という方はメルマガ登録をされますとお手元のメールBOXへといち早くお届けします。


FJKについて

FJKイベント情報

FJK公式ブログ

FJKメンバーについて



【FJK子育てコンテンツ】〜子育ての“ワクワク”を体感しよう!〜
PAGETOP