笑ろてるパパがええやん!NPO法人ファザーリング・ジャパン関西(FJK) 公式サイト

[Member’s Interview #005] 近澤武生さん

[Member's Interview #005] 近澤武生さん

事務局長の島津がFJKメンバーに対して、ネホリハホリとホンネを聞き出す「Member’s Interview」。

インタビュー第5弾は、近澤武生さん。学習塾の管理職という立場で、子育てや地域にもっと向き合いたいという想いで入会された、熱いパパです。そんな近澤さんに迫りたいと思います。

▶︎近澤さんのくわしいプロフィール

かつてはワークandワークな生活

よろしくお願いします。ファザーリング・ジャパン関西を知ったのはどういったきっかけですか?

今から数年前です。その時はワークandワークな生活で、嫌気がさしていた時期に、「資格でもとろっか」と軽い気持ちで検索していたときに、「パパ検定」というのが出てきたんですよ。

ファザーリング・ジャパン(東京)の運営している検定ですね。

しかも偶然、仕事で東京へいくのと同じタイミングで開催されるのを知り、受けてみました。

え!受けられたんですか!奇跡のようなタイミングですね!いかがでしたか?

検定は受けたことはよかったんですが、それで解決するわけでもなく、【閉塞感】っていう感じですかね。息苦しさは続いてて。。。そんなときに、ワークライフバランスについて真剣に考えてみるようになりました。

FJKの第一印象は、面白くて芸達者な人が多い

少し外の環境に降れたことで、刺激になったんですね。

そしたら妻がいきなり、「ファザーリング・ジャパンしかないでしょ。」って(笑)。突然、断言したんです。

奥さんすごい(笑)

で、「あ、そっか、その手があったか、」と。

そうなる!?

で、調べてみたら、「ファザーリング・ジャパン関西」っていう、もっとオモロそうな団体があるやないですか!もう即決で、翌日には申込書を出しました。

ネタでしょ?って言いたくなるくらい、勢いがあるというか、アップテンポな入会でしたね(笑)

入会して思ったのは、面白くて芸達者な人が多いなーという印象でした。

たしかに・・・

「閉塞感」がかなり薄らいだ

そんな方の活動を見ていると、とても刺激になりました。そして関わるようになってから、「ワーク」、「ライフ」、そして3つめの柱としての「ソーシャル」という場を持ちたいなと思うようになりました。

例えば?

ちょうど長女が小学校に入学した年だったので、学校の活動にもできる限り参加するように心がけました。

余計忙しくなったんじゃないですか?

いえ、逆に、「ワークandワーク」だけだった生活で感じていた「閉塞感」はかなり薄らいだと思います。

それだけでも、FJK冥利に尽きます。忙しい中でも外の環境に飛び出して、また違った人との交流をするというのは大切なんですね。ありがとうございました!

インタビュー後記

最近話題の「働き方」のお話にも少し触れることができました。

今回は、紹介できませんでしたが、近澤さんは双子の子育てもされておられます。しかもご夫婦で入会されておられるツワモノ。

その辺りは、またぜひ聞いてみたいと思います!

(取材:2016年12月)

 

【いち早くインタビューを読みたい方へ]
この「Member’s Interview」は、毎月一回配信しているメルマガ内のコンテンツを元に再編集したものです。早く読みたい!という方はメルマガ登録をされますとお手元のメールBOXへといち早くお届けします。


FJKについて

FJKイベント情報

FJK公式ブログ

FJKメンバーについて



【FJK子育てコンテンツ】〜子育ての“ワクワク”を体感しよう!〜
PAGETOP