笑ろてるパパがええやん!NPO法人ファザーリング・ジャパン関西(FJK) 公式サイト

FJK講座コンテンツ「イクジイ」

FJK講座コンテンツ「イクジイ」

孫育てはもちろん、地域の子どもとの関わりも積極的に楽しむ男性、それがイクジイ!

子育ては父母だけではできません。周りの様々な人の支援があってはじめて、子どもは伸び伸びと育つことができる。その筆頭が祖父母です。

おじいちゃんが長い人生で経験して身につけた言葉や遊びの技は、子どもにとって新鮮で面白いもの。その経験を伝えることで日本の子育ては豊かになります。

ご一緒に未来を育てましょう!

[コンテンツ分析チャート]

FJK講座コンテンツ「イクジイ」

おもな内容

  • 親の役割・祖父母の役割
  • 子育て事情 今・昔
  • 地域が見直される理由
  • 伝承遊びを伝えよう!
  • 子育ては未来育て
    など

おじいちゃんの孫育てはFJKにお任せください!

祖父世代にしかできないことがある。子育てに積極的に関わっている「イクメン」の実感です。

これまで子育てに縁の薄かった祖父世代。しかし当講座の「自分の経験を子育てに生かす」というスタンスは祖父が子どもに関わる自信につながります。

 

受講者の声

ある受講者からのお手紙

いつもお世話になっております。
遠方に住む孫(11歳、女児)から手紙が届きました。内容は夏休みに来阪、新世界の串かつを食べ、通天閣に行った事等が書かれていました。
手紙を読み涙が出ました。
私には初めての孫で、接し方に不安でした。
イクジイスクールで、絵本・紙芝居の読み方、手品等色々教えて頂いたお蔭です。
手紙がもらえる「大阪のジイジイ」に成れました
ありがとうございます。感謝しております。この喜びをセミナー等で「孫のいらっしゃるジイジイ」にお伝え下さい。
今後ともご指導宜しくお願い申し上げます。

(※)一部編集、本人許可を得て掲載

受講者アンケートより

孫たち遊ぶネタも2~3できました。このあとも、こういう機会を与えて下さい。

たいへん興味深く、講座を拝聴させていただきました。改めて、ご専門の方の話は、大変深く大切なものと思います。今後ともご活躍をお祈り申し上げます。
新聞紙の遊びは楽しかったです。子どもの目線で精一杯愛情をそそぐばぁばになりたいと思います。
大変わかりやすくお話しされて良かったです。子どもは宝やと思います。子どもの目線で遊び、学び、喜びをもらい、子どもと一緒に育つ、をモットーに子どもに好かれるおじいさんになりたい。

(※)平成28年6月11日(土)吹田市イクジイ講座 受講者アンケートより一部紹介

 

直近の開催レポート

6/11(土) イクジイ講座『おじいちゃんの出番ですよ! in吹田市』

 

講師紹介

講師:小崎恭弘小崎 恭弘
FJK理事。兵庫県西宮市公立保育所初の男性保育士として12年間、園児たちの保育に携わる。NHK『すくすく子育て』ほか、テレビや新聞、雑誌などでも活躍中。子育て講演では、笑いあふれる漫談ふう育児指南を披露し、大人気を博す。
[⇒詳細プロフィールへ]

 

講師:マジックパパ和田

”マジックパパ” 和田 憲明
保育園園長、元主夫。FJK初代理事長、現副理事長。テレビカメラマンが我が子の誕生を機に主夫になりました。男性社会から女性社会へ飛びこみ、おばちゃんたちにもまれた経験と、保育士としての専門知識から、男性と女性、大人と子どものギャップを埋めます。趣味は手品と模型とスターウォーズの“オタク系”パパ。
[⇒詳細プロフィールへ]

実施までの流れ

  1. お問合せぺージよりご連絡ください[※]
  2. ヒアリング(メール・電話・訪問)
  3. 概算のご提示
  4. 必要に応じて打合せ(1〜2回)
  5. イベント当日

[※] 想定人数・開催場所、ご希望の予算等がおありしたら、その旨をお伝えください

お問合せ

まずは一度お問合せください。折り返し、担当者よりご連絡いたします。


事業概要

FJKイベント情報

FJK公式ブログ

FJKメンバーについて



【FJK子育てコンテンツ】〜子育ての“ワクワク”を体感しよう!〜
PAGETOP