エニアグラム性格診断というものをご存知でしょうか。

90個の質問に回答することで、

  • タイプ1 改革する人~完璧主義者
  • タイプ2 奉仕する人~博愛主義者
  • タイプ3 達成する人~成果主義者
  • タイプ4 個性を求める人~ロマンチスト
  • タイプ5 調べる人~研究家
  • タイプ6 忠実な人~サポーター
  • タイプ7 熱中する人~楽天家
  • タイプ8 挑戦する人~チャレンジャー
  • タイプ9 平和を願う人~平和主義者

という9つのタイプに分類する性格診断です。

タイプを分けたからどうこういうわけではないんですが、自分、そしてまわりの人がどんなタイプであるかを知ることによって、働きやすい関係性を築き上げるという意味では、とても興味深い診断です。

 

90問というと多い気がしますが、すべて直感で「あてはまる」「あてはまらない」といったラジオボタン形式の回答なので、10分もあれば終わります。

 

正直、性格診断ってそれほど期待していなかったんですけど・・・なかなか当たっていて面白い笑

 

ちなみに、僕自身の結果はこのとおり。

  • 1位 挑戦する人~チャレンジャー
  • 2位 改革する人~完璧主義者
  • 2位 個性を求める人~ロマンチスト

 

自己分析が面白い①

 

挑戦する人は、勇気と決断力があるんだけど、優しさを表現したり自分の弱さを見せるのが苦手。

また、声が大きい、圧がすごいとよく言われる。

白黒はっきりさせたい。

などの特性があるそうです。

 

ちなみに、改革する人は、完璧主義者なので9ができても残りの1が気になるタイプ。

褒められるのは苦手だけど、キライじゃない。

ときどきどうでもいいことにこだわって袋小路に迷い込む。

 

なんやろこれ、すごいわかる・・・。

思った以上の的確さにチョットビビったくらいです。

 

事務局の合宿で取り入れたんですが、メンバー全員のをみても・・・納得。

 

すごくよくあたってるので、妻にもやってみました。

すると、僕にとって必要なタイプの人のようだったみたいです。

 

最終的には、特性がわかった上で、それぞれが行動に結びつけていくことが大事なんですが、わかるだけでも十分に盛り上がります。

「あーわかる!」とか「だからかー!」とか。

 

ぜひ一度、自分自身の診断と、身近な人たちの診断をやってみてください。

きっと面白いですから。

 

以上、自己分析にハマりそう・・・篠田でした。

 


The following two tabs change content below.
篠田 厚志

篠田 厚志

理事長 / おやこヒッチハイカーファザーリング・ジャパン関西
三児の父親。安定の大阪府庁を退職し、NPOの世界へ。 父親の子育てはやれと言われてやるもんじゃなく、できる仕組みを作ることが大切。「父親の子育てをヤバくする」をミッションに活動するファザーリング・ジャパン関西の理事長を務める。[⇒詳細プロフィール]