最近、ご当地ラーメンというのが人気ですね。

その例にもれず、天橋立にもご当地ラーメン的なのがありました。

その名も「天橋立くじからラーメン」。

天橋立、九つのチカラはうまいのか?

メニューを見ると、クセが強いと書かれたくじからラーメン。

クセの強いラーメンは好きではないんですが、そう何度もやってくるわけではないので、たとえ口に合わなかったとしても手を出さないわけにはいません。

そう、注文することに意味があるのです。

天橋立、九つのチカラはうまいのか?

この「くじからラーメン」は奥が深いんです。

ホームページにはこうあります。

 

2015年1月10日、店主はくじから醤油を生み出すべく九つの柱〈丹後に点在する九つの調味素材〉をもとに三九升の刺身醤油と大量の肉を投入。

三日三晩炊きあげた結果、失敗した。

店主は良質素材を活かせなかった自身の技量を悔やみ、改めて少量の醤油を繰り返し調味し始めるも、さらに迷走。

今現在もくじから醤油は、宇宙を連想させるほどに漆黒である。

濃色薄味、こってりあっさり、不味いが美味い、という矛盾の反応を受け「常識の盲点を突く矛盾の醤油」と開き直る。

一口食せば丹後の素材九種類を同時制覇できるというその醤油に、人類の十人に三人が吸い寄せられるという説もある。

天橋立、九つのチカラはうまいのか?

 

実際に食べてみました。

まぁ味は・・・普通?

口に入れたら思ったより悪くないんです。

クセが強いというわりに、食べたあと「クセはどこいった?」ってなります。

でも、「おっ!」っていう感じでもないんです。

それなのになんかすごく会話が弾むという、まぁなんとも不思議なラーメンでした。

 

まぁあれですねこれは。

いろいろ書かれていますが、結論いうと、いまだに迷走中のようです。

っていうか、ラーメンにかぎらずなんでもそうですが、開き直ったらあかんし!

 

というわけで、天橋立に行かれたらぜひとも足を運んでみてください。

 

以上、頑張ってください、篠田でした。

 


The following two tabs change content below.
篠田 厚志

篠田 厚志

理事長 / おやこヒッチハイカーファザーリング・ジャパン関西
三児の父親。安定の大阪府庁を退職し、NPOの世界へ。 父親の子育てはやれと言われてやるもんじゃなく、できる仕組みを作ることが大切。「父親の子育てをヤバくする」をミッションに活動するファザーリング・ジャパン関西の理事長を務める。[⇒詳細プロフィール]
篠田 厚志

最新記事 by 篠田 厚志 (全て見る)