青春が詰まった淀川河川敷

高校時代から仲のいい友達に誘われて、久しぶりに夜の淀川河川敷へ。

夜な夜なギターを弾いたり、悩みを相談したりされたり。

あおはる感いっぱいのようですが、僕らももうもう今年39歳です。

実際の悩みは、あおはるとはほど遠いものだったりします。

 

結婚生活の悩み

 

子ども達は成長

 

自分自身の人生

 

我慢や押しつけがあってはいけない

 

夫婦関係は2人だけのものではない

 

自分たちでできることを最後までする

 

この歳にもなるといろんなことを考えてしまいます。

そうやって、ずっと悩み抜いてきた友達は、ようやく一つの区切りを迎えました。

(個人的な感覚としては結果は良い方向だと思います)

 

悩む内容は変わっても、悩み方や相談のありかたは変わらない。

そんな友達を持つことができているのはとてもいいことだなと思います。

 

以上、これからも、彼も自分もあおはるでありますように・・・篠田でした。

 


The following two tabs change content below.
篠田 厚志

篠田 厚志

理事長 / おやこヒッチハイカーファザーリング・ジャパン関西
三児の父親。安定の大阪府庁を退職し、NPOの世界へ。 父親の子育てはやれと言われてやるもんじゃなく、できる仕組みを作ることが大切。「父親の子育てをヤバくする」をミッションに活動するファザーリング・ジャパン関西の理事長を務める。[⇒詳細プロフィール]