日曜朝、小学生の次女がテレビで『キラキラプリキュアアラモード』を観ていました。

なんとなく一緒に観ていたら…がっつり心臓を掴まれてしまいました。

第11話のテーマは中学生の女の子とその父親の関係。

 

毎年父娘で行ってる『スイーツフェスティバル』。

父親は今年も一緒に行く気満々なのに

「お父さん、まさか一緒に来る気?ダメよ!」

と娘に言われて落胆する父親、から始まる話。

 

プリキュアの主人公は中学2年生。

和田家の長女も中学2年生。

まさに今の我が身で、引き込まれました。

 

和田家の長女は5年前まで毎週曜日、僕と一緒にプリキュアを観てました。

ですが昨日日曜日の長女は、朝から部活の試合で家にいませんでした。

去年は僕が車で試合会場まで送ったんですが、今年は友達とバスで行きました。

 

クライマックスでの父親のセリフ。

「去年までは2人でフェスティバルに来てたんだが、

今年は一緒にスイーツを作る友達ができたようだ。

それでも父親ってのは…」

©ABC-A・東映アニメーション

娘を肩に載せるのも父親。

離れていく娘を見守るのも父親。

 

プリキュアを観終わってから、小4次女と買い物に行きました。

次女はまだもう少しの間、父親と一緒してくれそうです。

 

 


The following two tabs change content below.
和田 憲明

和田 憲明

副理事長 / マジックパパファザーリング・ジャパン関西
保育園園長、元主夫。娘の誕生を機に主夫となり保育士資格を取得。FJKでは初代理事長、現副理事長を務める。特技は手品、趣味はSF・特撮・アニメのオタク系パパ。 [⇒詳細プロフィール]