保育園の初給料で電子書籍端末キンドルを購入しました。

これまで電子書籍はスマホで読んでいましたけど、自分へのご褒美に購入。

キンドルはさすが読書に特化した専用端末。

操作はシンプルで液晶パネルが目に優しい。

何よりも大きさがいい!

全体の面積は閉じた文庫本と同じ。とっても取り回ししやすく、画面も文庫本を読んでいる気分にさせてくれます。

これを持って通勤の2週間、朝の満員電車が幸せです。

 

でも自分の持ち物として何かが足りない。楽しくないなぁ。

そや、見た目や。

本体も専用カバーもシンプルやけど装飾のないデザインがちょっと寂しい。

 

なので自分でシールを作って専用カバーに貼り付けてみました。

このVマーク、何かわかります?

40前後の男性ならわかる人多いかもしれません。

これは『ガンダムの取説』の表紙です。

©創通・サンライズ

ガンダム開発のコードネームは『V作戦』。そのVだと思われます。

僕はこの『V』が大好きです。

数あるVのロゴの中でも、凄いんですよ。この『V』。

 

ちょっと想像してみてください。

Vのロゴを考えてと言われて、こんな形のVを思いつきます?

このVの凄さのポイント、それはこの3つを全てクリアしていること。

 

1 間違いなくVと読める

単語の最初の文字ならスペルからVと推測させることもできますけど、これは一文字だけ。

なのにどうみてもV

 

2 他のVには全く似てない

こんな形のVは、最初のガンダムのこのカットでしか見たことがないです。

 

3 シンプルでわかりやすい形でアニメに描きやすい

手描きアニメの動画は動く途中の絵を一枚一枚描いて動かします。

複雑だったり曖昧なデザインだとアニメーターの間で共有しにくく動かす途中で形が崩れやすい。

アニメの制約を受けながら確固とした存在感を持つこの『V』は、Vロゴ界のNo.1です!

 

 

———

この『ガンダムの取説』の凄さは表紙デザインだけじゃありません。

中身も凄いんです。

 

登場したのは、機動戦士ガンダム第一話『ガンダム大地に立つ』。

主人公のアムロ・レイは初めて乗ったガンダムを、この取説をめくりながら操縦します。

©創通・サンライズ

「ぶ、武器はないのか、武器は!」

なんてページをめくりながら、敵の機動兵器を2機も破壊してしまう。

 

初見で15歳の子どもにもこれだけのことができちゃうなんて!

この取説は、もの凄くわかりやすく実用的なよく出来た取説に違いない。

 

(え、アムロはニュータイプやからって?実はニュータイプの設定はアニメ途中からの後付け。

この演出をしている一話の時点では、監督の頭の中でもアムロはただの機械好きの少年です)

 

ーーー

ガンダムの取説も凄いけど、凄いといえばキンドルの操作性。

取説なんてそもそも「ない」し、なくてもスラスラ使えてしまう。

と、キンドルに帰ってくる記事でした。

 

ーーー

こんな書籍もありました。

C」に著作権はあるか?

この記事内では「引用」の範囲、そして「私的利用」の範囲内でガンダムのデザインをお借りしています。

詳しくは書籍をどうぞ。面白いです。

 

———

保育園の園長職用の優秀な取説が欲しい。

現実には全てを網羅したものはないから、頑張って資料集めて勉強しながらやってます。

 

今朝もVのキンドル持って行ってきます。

「ぶ、文献はないのか、文献は!」

 

 


The following two tabs change content below.
和田 憲明

和田 憲明

副理事長 / マジックパパファザーリング・ジャパン関西
保育園園長、元主夫。娘の誕生を機に主夫となり保育士資格を取得。FJKでは初代理事長、現副理事長を務める。特技は手品、趣味はSF・特撮・アニメのオタク系パパ。 [⇒詳細プロフィール]