パパ弁当のインタビュー記事が日経DUALに掲載されました。

学童弁当7年目の関西パパはおかずにお好み焼き

【真夏の学童弁当対策特集】第3回 キラキラした弁当でなくていい。作るのがママでもパパでも「うちのふつう」でええやん! 

 

インタビュー依頼をいただいたときに「僕は料理苦手なので他のパパ紹介します」と伝えたら、

このブログや電子書籍を読んでくださっていた記者が「だからいいんです」とおっしゃってくださいました。

なんでも書いて公開しておいてよかったです。

僕は正直にしゃべっただけですが、結果的にパパの家事育児へのハードルを下げる内容の面白い記事に編集してくださって感謝しています。

 

さて、記事内では「こだわらないのがこだわり」なんて豪語していますけど、これは正直コンプレックスの裏返し。

弁当の素材や調理やデザインにこだわれるかた、食材や調理法を工夫したり、楽しいキャラ弁を作れる方を尊敬します。

FJKにもたくさんいらっしゃる。

 

それでもコンプレックスをそのまんましゃべってみる。

似たような誰かの助けになるはず。

 

なんて、また豪語してみました。

 


The following two tabs change content below.
和田 憲明

和田 憲明

副理事長 / マジックパパファザーリング・ジャパン関西
保育園園長、元主夫。娘の誕生を機に主夫となり保育士資格を取得。FJKでは初代理事長、現副理事長を務める。特技は手品、趣味はSF・特撮・アニメのオタク系パパ。 [⇒詳細プロフィール]