先週、11月22日はいい夫婦の日だったそうです。

 

僕自身は夫婦に「いい」も「悪い」もなくて、ただ夫婦であるという状態があるだけだと思っています。

これは「親子」や「家族」とおんなじこと。

いい親子、いい家族なんて表現すると違和感を感じます。

 

それでも無理やり記念日をきっかけに「いい夫婦」というものを考えてみました。

 

思いついた条件はひとつだけ。

夫婦のどちらかが問題を感じた時に、両者でそれを改善・解決しようとすること。

 

肝心なのは夫婦の両方が問題を感じた時じゃなくって、夫・妻どちらか1人でも問題を感じた時だというところです。

夫婦の両方が感じている問題なら、当然ながら両者で調整して改善して解決に向かいます。

 

そうじゃなくて、たとえば妻だけが問題を感じている場合。

その問題に対して、夫が問題と感じていないとしても、それは夫の問題なんです。

夫婦は運命共同体なんですから。

 

その点さえ同意ができていれば、たとえ今「いい夫婦」だと感じられなくても、段々と自分たちなりの「よりいい夫婦」に近づいていけるんじゃないか。

 

最初のうちはなかなかそれに気づけません。

だけれどもこれは、モラハラ、産後うつ、ワンオペ育児に過労死など、夫婦をとりまく様々な問題に聞く処方箋です。

 


The following two tabs change content below.
和田 憲明

和田 憲明

副理事長 / マジックパパファザーリング・ジャパン関西
保育園園長、元主夫。娘の誕生を機に主夫となり保育士資格を取得。FJKでは初代理事長、現副理事長を務める。特技は手品、趣味はSF・特撮・アニメのオタク系パパ。 [⇒詳細プロフィール]