直接の知り合いだったり、このブログを長く読んでくださっているかたはよく存じですが、私は映画スター・ウォーズの信望者です。

フォースと共に生きてます。

 

スター・ウォーズの最新作『最後のジェダイ』は素晴らしかった!

公開から2週間、園長業の合間にすでに2回劇場に行きました。

 

私にとってこの映画はヒーロー、ルーク・スカイウォーカーの物語です。

ルークは30年前のスター・ウォーズ最初の三部作の主人公。

最後まで父であるダース・ベイダーの良心を信じ、彼を改心させたすごい男。

 

父親を乗り越える、銀河を救う、という大きなことをやりとげて人間的に成長したルークです。

ルークを導いたかつての師匠、オビ=ワン・ケノービやヨーダのように、落ち着いて達観しているんだろう。

と思ってました。

 

ところが『最後のジェダイ』で再登場したルークは、60を超えても惑いまくっています。

自身の心の悪意を恐れて、絶海の孤島に閉じこもっている。

でもその生き様に勇気付けられるという不思議な映画。

スター・ウォーズの新しい3部作にはいろいろと現代的な設定が取り入れられていますが、この惑う60代の男という設定もとても現代的。

 

世の親父のみなさま、スター・ウォーズの他の作品知らなくて大丈夫。

これ一作だけでも観てください。

 

 


The following two tabs change content below.
和田 憲明

和田 憲明

副理事長 / マジックパパファザーリング・ジャパン関西
保育園園長、元主夫。娘の誕生を機に主夫となり保育士資格を取得。FJKでは初代理事長、現副理事長を務める。特技は手品、趣味はSF・特撮・アニメのオタク系パパ。 [⇒詳細プロフィール]