土曜日、中三長女の中学校へ久々に夫婦で行きました。

授業参観とクラス懇談会。両方夫婦で参加したのは義務教育になってからの9年間では始めててです。

懇談会は車座での自己紹介から始まりました。

 

僕の自己紹介。

「長女は0歳のとき僕の抱っこでしか寝ず、5歳までは膝から降りず、10歳まで毎日お風呂やっったのに、

中一になった瞬間、僕との会話に「うん、ふつう、別に」の3語しか返さなくなり、

中二にでは言葉もなくなって「うー、あー」の唸り声と顎の動きだけで話すようになりました。

中三の今年は、また日本語で会話できるようになったらいいなと思ってます。よろしくお願いします」

 

これは長女0歳の保育園最初のクラス懇談会での、

「私は子どもが苦手なので、ウチは夫が育児してます。よろしくお願いします」

妻のインパクト満点の自己紹介を15年度に受けてのもの。

 

多分その場の誰にも(妻にも)通じてはいないけど、自分の中では、

The circle is now complete.(宿命の環が閉じられた)※

 

子育てには親個人の自己満足の面があり、これも自己満足のひとつのカタチ。

中三長女の話、続きます。

※スターウォーズ:エピソード4新たなる希望より、オビ=ワン・ケノービと再会したダース・ベイダーのセリフ。

 


The following two tabs change content below.
和田 憲明

和田 憲明

副理事長 / マジックパパファザーリング・ジャパン関西
保育園園長、元主夫。娘の誕生を機に主夫となり保育士資格を取得。FJKでは初代理事長、現副理事長を務める。特技は手品、趣味はSF・特撮・アニメのオタク系パパ。 [⇒詳細プロフィール]