日曜日は家族皆いそがしかったので、月曜夜に母の日のケーキを食べました。

ケーキ代はパパと娘2人のワリカンです。

で、今日はそんな感謝の日に水を差すような話題。

 

昨夜は私の方が帰りが早い事がわかっていたので、晩御飯を私が作ることが決まっていました。

豚の生姜焼きを作って妻の帰りを待っていると、陽気な帰るメールが。

「今から帰ります♪ちらしずし貰ったから晩御飯いりません。みんなでちらしずし食べよう!」

 

晩御飯もう作ったのに、ちらしずし買ってくるってどういうこと?

それに生姜焼きには白ご飯でしょ。ちらしずしは合わへんやん!

と、心がざわついた、いや、正直腹が立った私。

 

でも、私が腹を立てたのには2つの誤解、勇み足がありまして。

1 メールの「貰った」を「買った」と誤読してた

2 妻は夕飯のおかずが生姜焼きとは知らない

お恥ずかしい。

 

帰ってきた妻が「ちらしずし、職場でくれはってん」と教えてくれ、

みんなで生姜焼きをおかずにちらしずし食べたら、別に悪くなかった…という。

 

そのあと平和に母の日ケーキを食べましたとさ。

母の日、「妻には感謝しかない」という表現をいっぱい目にしました。

私はこれがあんまり好きじゃない。

明らか嘘やから。

いやいや、あえて言ってるとか、自分でも気づかずに言ってるとか、いろいろあるんやろうとは想像しますけど。

 

でも「感謝しかない」って表現は、たとえばプロ野球選手が、

「ファンの皆さまには感謝しかありません」

みたいな、遠くてあいまいな関係性でリップサービスで使うものだと思ってます。

 

夫婦という近しい関係で「感謝しかない」なんてことはありえない!

感謝ももちろんあるけれど、愛憎の念が入り混じり、生活は悲喜こもごも…

ってのが本心で、それでも一緒に暮らしているから素晴らしいんです。

 

「明日も遅なんねん。のん、晩御飯な」

 

「作れる?」でも「作ってくれる?」でもないこの表現。

明日の晩御飯も作らせてくれるなんて、妻には「感謝しかありません」

(あの、私も遅くなるんですけど)

 

 


The following two tabs change content below.
和田 憲明

和田 憲明

副理事長 / マジックパパファザーリング・ジャパン関西
保育園園長、元主夫。娘の誕生を機に主夫となり保育士資格を取得。FJKでは初代理事長、現副理事長を務める。特技は手品、趣味はSF・特撮・アニメのオタク系パパ。 [⇒詳細プロフィール]