この1週間で是枝映画にハマった和田です。

前回紹介した4作品、

『誰も知らない』『奇跡』『海街diary』『万引き家族』

これらの共通点は「情けない父親」でした。

 

無責任、甲斐性なし、浮気者、窃盗犯…

並べると酷い単語が並びます。

 

どの父親の要素も自分には全くない!

とは断言できなくて、少し心が痛みます。

 

じゃあ彼らは子どもたちから憎まれていたのか。

そうではありませんでした。

稼ぎの多少、同居・別居・離婚、血縁の有無にかかわらず、ほとんどの父親は子どもたちからそれなりに愛されていました。

 

妻からの愛情は…ノーコメントとしておきます。

 

唯一、例外が『誰も知らない』に登場した父親たちです。

主人公は父親違いの4人の子ども。

そのうちの2人の父親が登場しますが、2人とも子どもに対する責任感が欠如。

それゆえに完全に「いない父親」でした。

 

ダメさを抱えながらも「いる父親」。

まずはそれが大事。

 

こんなことを書いている必ず思い出すのは、子どもよりも先に亡くなってしまった父親です。

生きている限りは「いる父親」でないといけない。

 

明日土曜日OAの『そして父になる』も楽しみです。

©︎フジテレビ

 


The following two tabs change content below.
和田 憲明

和田 憲明

副理事長 / マジックパパファザーリング・ジャパン関西
保育園園長、元主夫。娘の誕生を機に主夫となり保育士資格を取得。FJKでは初代理事長、現副理事長を務める。特技は手品、趣味はSF・特撮・アニメのオタク系パパ。 [⇒詳細プロフィール]