幼少期の『スマホ育児』に白黒つけてどうするに続けて、

和田家の小学生と中学生の『スマホ育児』について。

 

ーーー

 

小学3年生の次女は先月から風呂にパパと入る時、

「パパのアイホン持って入ってええ?」

と聞きます。

スマホをわざわざ防水ケースに入れて、風呂に持って入って何をするのか?

今次女がハマっている『なぞなぞ』を検索して、2人で解いてます。

 

スマホの向こうには無限に近い量の多種多様ななぞなぞがある。

簡単なものから、高度なもの、いじわる問題、ラテラルシンキング的なものまで。

検索ワードを変えていくと、ほんまにいろいろ出てきます。

 

熱中しすぎて父娘でのぼせることもしばしば。

小3娘の『スマホ育児』でした。

 

ーーー

 

中学1年生の長女は年が明けてから、

「スマホ買って!」

と言い続けてます。

 

買いません。

 

今はまだガラケーで事足りると考えているから。

スマホの使い方を親が管理できる自信がないし、長女にまかせるのはまだ早いと思っているから。

 

「なんで買ってくれへんの!!」

「みんなLINEしてるのに!!!」

「動画もとられへんし!!!!」

 

ダメ。

 

いや、正直スマホを与えるメリットとデメリット、どっちが大きいのかわかりません。

友達とLINEやインスタグラムでやりとりできたほうがいいのかもしれない。

 

それでもまだしばらくダメなもんはダメ。

 

「なんでアカンの!!!!!」

「パパがアカンって言うてるからや」

 

と、中1長女の壁になるのも『スマホ育児』です。

 

画像はコチラからお借りしました。


The following two tabs change content below.
和田 憲明

和田 憲明

副理事長 / マジックパパファザーリング・ジャパン関西
マジックパパ代表、主夫。娘の誕生を機に主夫となり保育士資格を取得。FJKでは初代理事長、現副理事長を務める。特技は手品、趣味はSF・特撮・アニメのオタク系パパ。 [⇒詳細プロフィール]