1年生のみなさん、ご入学おめでとうございます。
ついこの前、6年生として卒業したと思ったら、1年生に戻ってしまいましたね。
でも、6年前に小学校に入学した時と、今中学校に入学する時ではみなさんの成長ぶりは全く違います。

私は保育園で園長先生の仕事をしていました。先月、勤めていた保育園の卒園式に出席しました。
卒園式では6歳になったばかりの年長さんが「将来の夢」を言ってから卒園証書を受け取ります。
その夢は「お花屋さん」「ケーキ屋さん」「サッカー選手」「仮面ライダー」などとても可愛いものでした。

同じく先月、小学校の卒業式に出席しました。保育園と同じく「将来の夢」を発表してから卒業証書を受け取ります。
でもその夢は保育園の子たちよりもはるかに進化していました。
「人を喜ばせるパティシエになります」「チームに貢献できる野球選手になります」「誰にでも優しい大人になります」「評価されるユーチューバーになります」
将来どんな人間になりたいのか、どんなことをして人の役に立ちたいのかが具体的になっていました。

みなさんは6年間でものすごく成長したんです。
そしてこれからの3年間は、またみなさんがものすごく成長する時期です。

私も、中学校の頃は毎日がとっても嵐でした。5人組アイドルじゃないですよ。
勉強に部活に友達関係、いろいろなことが周りで起こっていました。で、それ以上にいろいろなことが自分の心や身体に起こっていました。
それでもこうして大人になってこうしてみなさんの前でしゃべっています。

これから、あまりの自分自身の変化の早さに、戸惑われることもあるかもしれません。
そのときは友達や先輩、先生や親、そして周りの大人たちに相談してください。
周りの大人はそれをくぐり抜けてきた人生の先輩ですから。

不思議なことに、学年の雰囲気、学年カラーは毎学年ごとに全く違います。今年の四中1年生の学年カラーがどんなものになるか、とっても楽しみにしています。

保護者のみなさま、お子様のご入学おめでとうございます。
この中学校での3年間は「あっ」というまに過ぎ去ります。
私の長女はこの春に卒業しました。
長女は保育園で6年、小学校で6年、中学校で3年お世話になりました。保育園での6年間を基準にすると、小学校での6年間は半分の3年間くらいに感じました。
そして中学校での3年間は、長女の卒業式で、去年の春入学したばっかりやのに!と感じました。

これ、私のパパ友ママ友もみなさんおっしゃってます。間違いありません。子どもと一緒に過ごせる時間は加速します。
いろいろと複雑な時期ですが、お子さんとつかず離れず、義務教育最後の3年間をお楽しみください。

教職員のみなさま、これから迎える1年生のために、地域の大人たちもご協力いたします。何かあればこちらに列席されている皆様に遠慮なくご相談ください。来賓を代表して勝手にご挨拶申し上げます。

結びに、みなさんの中学校生活が活き活きとしたものになりますよう、応援しています。

平成31年4月8日
〇〇中学校 PTA会長 和田 憲明


The following two tabs change content below.
和田 憲明

和田 憲明

副理事長 / マジックパパファザーリング・ジャパン関西
マジックパパ代表、主夫。娘の誕生を機に主夫となり保育士資格を取得。FJKでは初代理事長、現副理事長を務める。特技は手品、趣味はSF・特撮・アニメのオタク系パパ。 [⇒詳細プロフィール]
和田 憲明

最新記事 by 和田 憲明 (全て見る)