ひらパーは面白い。

ひらかた市民にとって、ひらパーはオアシスです。

100年以上続く、地味だけでずっと残ってる遊園地。

あまりの地味さに一時は閉園するほど低迷していましたが、今や遊園地としては大阪で2番目の集客力を誇るひらパー。

そんなひらパーを、ひらかた市民は大好きです。

 

ひらパー兄さんだけにとどまりません。

最近では、ポケモンなどでがっちりファミリー層を確保しながら、リアル脱出ゲーム、宝探しなどのコンテンツを取り入れて、ひらパーに最も遠かった若者世代の取り込みをはかったり、ドラクエやFFコンテンツを取り入れることで、いわゆる親世代への訴求効果をはかったり、ものすごく上手にやっています。

 

また、遊園地本来のコンテンツも充実しています。

特に面白いには「ヤッテミーナ」。

当時大流行りした知育をテーマにした「あたま系アスレチック」と呼ばれていますが、遊び方が本当に豊富。

うちの息子はこれが大のお気に入り。

スーパーマリオごっこで遊んでます。

そしてこのアスレチックは、ほかのアトラクション1回のる料金で、ある意味いつまでもいられるのがウリ。

フリーパスもってたらもったいなくて行ってられないけど、チケットでアトラクションを楽しむ人にとっては最高のこすは¥波を誇る遊具であることは間違いありません。

 

ホンマにヤバいですひらパー。

関西にきたらぜひとも遊びにやってきてください。

 

以上、ひらパー大好き枚方市民、篠田でした。

 


The following two tabs change content below.
篠田 厚志

篠田 厚志

理事長 / おやこヒッチハイカーファザーリング・ジャパン関西
三児の父親。安定の大阪府庁を退職し、NPOの世界へ。 父親の子育てはやれと言われてやるもんじゃなく、できる仕組みを作ることが大切。「父親の子育てをヤバくする」をミッションに活動するファザーリング・ジャパン関西の理事長を務める。[⇒詳細プロフィール]