妻から「今晩なに食べたい?」って聞かれたとき、即座にメニューを提案してますか?

まさか「なんでもええよ」「まかせるわ」なんて答えてないでしょうね!

 

これは数多い妻からの質問の中でも、必ず即答しなければいけない質問のひとつ。

その理由を3つ書きます。

 

夕食メニューに困るとき

 

1 メニューを考えるのは大変

夕食作りはメニューを決めるところから始まります。

主に妻が夕食を作られている家庭では、妻は少なくとも年間300回以上、夕食メニューを考えます。

こんな大変なことを普段、いちいち家族に聞かずに一人でこなしているのです。

そんなプロフェッショナルな妻が素人の夫ににメニューを聞くのはピンチの時。

決め手がなくて悩んでいる時なんです。

助けなくってどうします!

 

2 メニューを答えるのは簡単

その瞬間に食べたいものが思いつかなくっても答えましょう。

自分の好きな食べ物でいいです。

それがたとえ今そんなに食べたくなくてもいいです。

いつものカレー、唐揚げ、ハンバーグでいいです。

簡単でしょ。

夕食考えて、作って、食べさせて、片付ける工程にくらべれば、こんなのなんでもありません。

 

3 求めているものはメニューではない

答えたところでそれが採用されるとは限りません。

食材にも調理時間にもモチベーションにも都合がありますので。

でもそれいいんです。

何らかの回答をして、妻の問いに答えるという姿勢を見せる。これが大事。

夫は私の味方。いざというときに頼れる人、という安心感につながります。

メニューは採用されたらラッキーぐらいに思っておきましょう。

 

結論

妻からの「晩ごはん何食べたい?」には脊髄反射で提案するべし。

それは妻と家事の責任(の一部)を共有することにつながります。

これは夫の使命です。

 

 

 

※画像はこちらの広告ページからお借りしました。


The following two tabs change content below.
和田 憲明

和田 憲明

副理事長 / マジックパパファザーリング・ジャパン関西
マジックパパ代表、主夫。娘の誕生を機に主夫となり保育士資格を取得。FJKでは初代理事長、現副理事長を務める。特技は手品、趣味はSF・特撮・アニメのオタク系パパ。 [⇒詳細プロフィール]