頭を遊ばせる~ラテラルシンキング~

【残り13日!達成率45%(現在の寄付金¥45,500)】「父親の支援で子どもの未来をワクワクさせる」ために、寄付やシェアをお願いします!

 

さて問題です。

「ベルリンに住んでいる人をケルンに埋葬することが出来るか?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答えは「No」です。

なぜだと思いますか?

ベルリンに「住んでいる」人ってあります。
つまりこの人は生きています。
生きている人を埋葬することは出来ません。

 

いかがですか?

僕はラテラルシンキングの問題が大好きです。
こういう問題って、回答する力が学力に比例しないのがいいんです。

大事なのは以下の3つ。

「前提を疑う」
「違う角度で物事を見る」
「組み合わせる」

 

オズボーンのチェックリストって聞いたことありませんか?

  1. 他に使い道はないか?
  2. 他からアイデアを借りられないか?
  3. 一部を変更したらどうか?
  4. 大きくできないか?
  5. 小さくできないか?
  6. 一部を代用できないか?
  7. 並び方を変えられないか?
  8. 逆にすることはできないか?
  9. 組み合わせができないか?

ラテラルシンキングの問題って、こうした9つのいう考え方のトレーニングなんです。

また面白いのを発見したらアップしたいと思いますので、ぜひぜひチャレンジして見てください。

 

以上、セミナーでやると盛り上がりすぎるので要注意ですよ、篠田でした。

 


The following two tabs change content below.
篠田 厚志

篠田 厚志

理事長 / おやこヒッチハイカーファザーリング・ジャパン関西
三児の父親。安定の大阪府庁を退職し、NPOの世界へ。 父親の子育てはやれと言われてやるもんじゃなく、できる仕組みを作ることが大切。「父親の子育てをヤバくする」をミッションに活動するファザーリング・ジャパン関西の理事長を務める。[⇒詳細プロフィール]