わがままな末っ子をつくる悪魔の方程式

【残り12日!達成率45%(現在の寄付金¥45,500)】「父親の支援で子どもの未来をワクワクさせる」ために、寄付やシェアをお願いします!

 

我が家の3人目はわがままが激しい。

なぜか?

それは、全員が甘やかしてしまうからに他なりません。

3人目になると子育てにも慣れてきて、「まぁこれくらいなら甘やかしていいか。」ってなる頻度が、1人目2人目に比べて格段に上がります。

よその家庭に話を聞いてもだいたい似たようなケースになっています。

そう、つまりこの「まぁいいか」はわがまま次男を作ってしまう悪魔の方程式ってことなんです。

 

「まぁいいか」となるケース

ケース① テレビ

たとえば、テレビを観たいと次男が言います。
長男長女が小さい頃は、テレビはほとんど観せませんでした。

でも、3人目になると違います。

次男「テレビ観たいーーー泣」
親 「・・・まぁいいか。」
親 「これ観てチョット大人しくしといてな。」
次男「やったーーーーーー笑」

 

ケース② デザート

ご飯の途中に突然、ミカンやバナナを欲しがったりします。
長男長女が小さい頃は、そんなわがまま断じて許したりしません。

でも、3人目になると違います。

次男「バーナーナーーー泣」
親 「・・・まぁいいか。」
親 「これあげるからちゃんとたべや。」
次男「やったーーーーー笑」

 

ケース③ ジュース

長男長女が大きくなると、家にジュースがある機会が増えます。
長男長女が小さい頃は、ジュースなんて特別な日以外はあげませんでした。

でも、3人目になると違います。

次男「ジュース!ジューースーー泣」
親 「・・・まぁいいか。」
親 「これで言うこと聞いてや。」
次男「やっっったーーーーーー笑」

どれもこれもひと言だけ付け加えるんですが、どれもいうことなど一切聞いてなどくれません笑

 

「まぁいいか」はうえの子たちが無事に育った証拠

1人目は、子育てが初めてで何をするにも気を張ります。
2人目は、子育てに慣れるも兄妹が初めてでやはり気を張ります。
3人目になると、子育ても兄妹も経験したあとなので、少し気が緩みます。

でも、理由はそれだけじゃないと思うんです。

こうしたわがままを許せるのも、うえの子たちが無事に育ってくれたからこそ。

自分で「まぁ子育てできたよね」って2人の子をみて思えるから、3人目は「まぁいいか」ってなるんだと思います。

だから、わがままに育ったってことは、自分で納得いく子育てが出来たって思っていいんじゃないでしょうか。

と、自分を納得させることが出来たら、わがままも少し可愛くなったりしませんか?

 

以上、わがままに振り回されるのも悪くない、と思えたら3人目もゴールは見えたもんだと思う篠田でした。

 


The following two tabs change content below.
篠田 厚志

篠田 厚志

理事長 / おやこヒッチハイカーファザーリング・ジャパン関西
三児の父親。安定の大阪府庁を退職し、NPOの世界へ。 父親の子育てはやれと言われてやるもんじゃなく、できる仕組みを作ることが大切。「父親の子育てをヤバくする」をミッションに活動するファザーリング・ジャパン関西の理事長を務める。[⇒詳細プロフィール]