b749d43d

突然ですが、竹馬に乗れるようになりました。

先週土曜日に開催された『新春ゲームまつり』で。

 

このイベントは小学校に地域の方と小学生が集まって、

伝承遊びをはじめとするいろんな遊びを楽しむというもの。

 

イベントに来てた小学生が「和田パパ、竹馬やろ!」って誘ってくれて、

その子が結構高いのをすいすい乗ってて。

 

家には竹馬ないので知らんかったんですけど、うちの次女も竹馬乗れてて、

「パパ、なんでもできるのにたけうまできひんの?」

 

なんでもできるは大いなる誤解ですけれども、おかげで頑張るモチベーションが。

42歳にして乗れるようになりました。

 

竹馬ってほんまの意味で『遊び』です。

乗れたからって何の役にも立たない。

 

竹馬に乗れることと、自転車に乗れること、

同じ乗るでも、意味は全然ちがう。

 

竹馬に乗れたからって自転車みたいに速く移動できないし、子どもも荷物も運べません。

でも竹馬に乗れた時の喜びは、自転車に初めて乗れた時の喜びと同じでした。

 

全身でアハ体験って感じ。

(アハ体験の使い方間違ってるかもしらんけど)

 

竹馬に乗れるようになるコツ、僕が感じたのはひとつだけ。

棒をできるだけ身体に引きつけること。

身体の重心と竹馬の重心が近くなり、バランスが取りやすくなります。

 

竹馬、買おかな。

 

こんなんとか、

shutterstock_204238627

こんなんとか、

201109120100001thumb

できるようになりたい。

 

※画像はコチラコチラからお借りしました。


The following two tabs change content below.
和田 憲明

和田 憲明

副理事長 / マジックパパファザーリング・ジャパン関西
マジックパパ代表、主夫。娘の誕生を機に主夫となり保育士資格を取得。FJKでは初代理事長、現副理事長を務める。特技は手品、趣味はSF・特撮・アニメのオタク系パパ。 [⇒詳細プロフィール]