最近、次男を公園に連れて行くのが土曜日の日課になりつつあります。

多くのお父さんお母さんが、子どもを公園に連れて行きていますが、みなさん気になりませんか?

 

なんで男の子は公園に着くと、必ず棒を手に入れようとするのか?

なんでかわかりませんけど、100%の確率で棒を握ります。

男の子はなぜ木の棒を拾うのか?

 

公園において棒は必要不可欠なものらしいです。

それは、さながら勇者がこん棒を持ってアリアハンを出るがごとしです。

 

この生態系について、はっきりとわかっていることはありません。

ただ、公園で棒が落ちていたら必ず拾うということだけ、絶対の心理のようです。

 

FJKの顧問である大阪教育大学の小崎准教授も語っています。

「男の子たちは棒を拾わずに生きていけない生き物なのです(笑)」

(参照)「男の子のプロ」が教えるママが知りたい育児① なぜ男子はいつも見えない敵と闘っているのか?

 

要はあれですね。

生理現象と一緒。

喉が渇いたらお茶を飲む。
眠たくなったら眠りにつく。
お腹がすいたらご飯を食べる。
そして、公園についたら棒を拾う。

並べてみても何の違和感もありません。

間違いありませんね!

 

ただ、この現象も一生ものではありません。

数年もすると、いつのまにか興味も示さなくなります。

そこで、みんな「男の子」から「男子」に成長するんだと思います。

 

だから、みなさんこう覚えてください。

「棒を拾えば男の子。」
「棒を拾わなくなったら男子。」
「棒を与えようとしたらお父さん。」

 

万が一、与えようとせずに自分の手元に置いているお父さんがいたら・・・男の子です。

 

以上、木の棒が溜まり続ける・・・篠田でした。

 


The following two tabs change content below.
篠田 厚志

篠田 厚志

理事長 / おやこヒッチハイカーファザーリング・ジャパン関西
三児の父親。安定の大阪府庁を退職し、NPOの世界へ。 父親の子育てはやれと言われてやるもんじゃなく、できる仕組みを作ることが大切。「父親の子育てをヤバくする」をミッションに活動するファザーリング・ジャパン関西の理事長を務める。[⇒詳細プロフィール]