10月16日はイク「ボス」の日

ファザーリング・ジャパンが提唱し、働き方改革の先導役として、日に日に重要性が高まるイクボス。

イクボスが増えれば、世の中みんなが働きやすくなるはずです。

ワークライフバランスを推進したい幹部層、仕事と子育てを両立したい子育て世代、柔軟なキャリアを積みたいと考えているニュージェネレーション、あらゆる人たちからの期待を、イクボスは求められています。

 

そうした期待を背負うイクボスたち。

実は彼らも、そのプレッシャーと、正解のないマネジメントに悩んでいます。

このイクボス達の苦悩をしらなければ、イクボスは「あらゆることを求められるしんどいだけの管理職」となりかねません。

そこで、ファザーリング・ジャパンでは、10月16日が「ボスの日」であることにちなんで、ボスの日フォーラムを開催します。

 

「ボスだって辛い」

 

ぜひ、みなさんふるってご参加ください。

▶︎お申し込み用フォームはこちら

 

フォーラム概要

  • 開催日時:10月16日(月)18:30-20:45 (開場:18:20)
  • 開催場所:文京シビックセンター(26F) スカイホール
  • 住所:東京都文京区春日1‐16‐21
    東京メトロ後楽園駅・丸ノ内線(4a・5番出口)南北線(5番出口)徒歩1分
    都営地下鉄春日駅三田線・大江戸線(文京シビックセンター連絡口)徒歩1分
    JR総武線水道橋駅(東口)徒歩9分
  • 定  員:90名
  • 参 加 費:無料
  • 主  催:NPO法人ファザーリング・ジャパン
  • 内容
    18:30-18:40 挨拶/概要説明:FJ代表理事 安藤 哲也
    18:40-19:20 基調講演:医療法人社団同友会産業保健部門産業医 大室正志氏
    19:20-19:30 ボスジレンマ調査報告:FJ理事 林田 香織
    19:30-20:05 ここがツライよ!ボスの本音パネルディスカッション
    登壇者:
    医療法人社団同友会 産業保健部門 産業医 大室正志氏
    企業の管理職
    FJ理事 川島高之
    FJ代表 安藤哲也(ファシリテーター)
    20:05-20:35 ボスと部下のコミュニケーションワーク
    20:35-20:45 閉会・アンケート

 

以上、みんなも大変だってことはボスだって大変だってこと、篠田でした。

 


The following two tabs change content below.
篠田 厚志

篠田 厚志

理事長 / おやこヒッチハイカーファザーリング・ジャパン関西
三児の父親。安定の大阪府庁を退職し、NPOの世界へ。 父親の子育てはやれと言われてやるもんじゃなく、できる仕組みを作ることが大切。「父親の子育てをヤバくする」をミッションに活動するファザーリング・ジャパン関西の理事長を務める。[⇒詳細プロフィール]