心配事の「本当の確率」の計算方法を教えてくれる本書。

わかりやすい例で言えば、飛行機事故や殺人事件の報道があると人はそれを心配するけど、日々それよりはるかに高い確率の自動車による交通事故の危険にさらされている。

人はどうして交通事故の心配よりも飛行機事故や殺人の心配をしてしまうのか?

 

人がなぜ必要以上に心配したり、悩んだりしてしまうのか。

それは客観的になれないからだと僕は考えています。

 

頭の中で心配事や悩み事をくるくる回し続けているから、心配し続けたり悩み続けたりしてしまう。

食材をお手玉していたらいつまでも料理ができない。

心配事も頭の中でくるくる回していたらいつまでも解決しない。

 

心配事を解決する方法として、本書の計算してみるという方法はひとつの手段やと思います。

僕は計算は苦手なのでしませんが、計算するしないは置いといても、一度書き出してみます。

頭の外に出してみると客観的になれます。

 

食材をまな板に並べる。

そうしたら料理が始まります。

 

 


The following two tabs change content below.
和田 憲明

和田 憲明

副理事長 / マジックパパファザーリング・ジャパン関西
保育園園長、元主夫。娘の誕生を機に主夫となり保育士資格を取得。FJKでは初代理事長、現副理事長を務める。特技は手品、趣味はSF・特撮・アニメのオタク系パパ。 [⇒詳細プロフィール]