メディア取材のコツ(無視すると、奇跡の神対応もあっさりオールカットになる話)

理事長の篠田です。

僕は、ファザーリング・ジャパン関西の理事長と別に、東京のファザーリング・ジャパンの理事も務めています。

さらに、チャンバラ合戦 戦-IKUSA-という外遊びを広める活動をしているNPO法人ゼロワンの副理事長も努めています。

10417609_706105769451141_1706856944971166907_n

 

今回は、そのNPO法人ゼロワンでのエピソード。

大河ドラマ関連の取材を受ける

先日、大河ドラマ「真田丸」が始まりましたね。

その一環で、某放送局さんが、チャンバラ合戦を真田丸ブームにのっかった街の盛り上がりを取材する、ということで、チャンバラ合戦 戦-IKUSA-が取り上げられました。

おかげさまで、先週の金曜日に無事に放送されました。

ここで、当日の撮影の様子を少しお伝えしましょう。

奇跡の神対応!?

今回は、NPO法人ゼロワン代表が取材を受ける形でおよそ1時間行われました。

まずは、チャンバラ合戦シーンを抜いて、その後、代表がどれほどの真田幸村好きか頑張って語ります。

その後、帯同していたチャンバラを運営するメンバーにも話が振られます。事前の打ち合わせは一切無し。しかしカメラは回ってます。

以下、そのときの様子を再現してみます。

D)「真田丸に期待されてますか?」(もちろんこの質問、事前の打ち合わせ0%は無し!カメラ回り中)
僕)「もちろんです!」
D)「どんなところに期待されていますか?」(もちろんこの質問、事前の打ち合わせは無し!!カメラ回り中)
僕)「僕は猿飛佐助が好きなので、彼の活躍をどのようにフォーカスされるのか、とても気になります。」
D)「なぜ猿飛佐助が好きなんですか?」(もちろんこの質問、事前の打ち合わせは無し!!!カメラ回り中)
僕)「猿飛佐助は、真田幸村を支え、腹心として活躍していました。僕も仕事では、リーダーを支える仕事をこなしてきて、彼と同じ立場でいることが多いんです。だから、幸村より、佐助に注目しています。」
D)「なるほど、ありがとうございます!」
僕)(ほっ。)

 

よくぞここまでスムーズに回答ができたものです。

カメラの回りを止めることなく、インタビューをやり終えたこのやり取りは、メンバーの中でチョットした話題になりました。

しかしながら、このコメントが放送されることは一切ありませんでした。

ただ、これは当然かなと。

僕は取材中から「これは編集される(つまり削られる)だろうな」と思っていました。(強がりではないですよw)

なぜ素晴らしい対応にも関わらずカットされたのか?

①テレビ特集は、短いコメントの積み重ね

テレビの特集では、いかに短い時間で的確に伝えるかが大事になります。そのなかにおいては、一人一人のコメントは短く編集せざるを得ません。

にもかかわらず、僕のやり取りはチョット長くなってしまいました。

②伝えたいこと以外は削ぎ落とす

今回の特集でいうと、真田丸によって幸村ブームがきていることを伝えたかったわけです。

つまり、あくまで主役は幸村なんです。

そのため、猿飛佐助のチョイスは非常に使いにくかった、ということですね。

カメラを抜かれて使ってもらうためには

①短いコメントを繰りかえす

②テーマに沿ったコメントを貫く

この2つが大事になるわけです。

それをしないと・・・「僕の出番なーーーーし!」ということになるわけです。

みなさんも、もし街中でカメラを抜かれるようなことがあれば、ぜひ2つのことを意識してみてください。

もしかすると、どこかでデビューが待っているかもしれませんよ。

カットされた僕が言うのもなんですが・・(笑)


The following two tabs change content below.
篠田 厚志

篠田 厚志

理事長 / おやこヒッチハイカーファザーリング・ジャパン関西
三児の父親。安定の大阪府庁を退職し、NPOの世界へ。 父親の子育てはやれと言われてやるもんじゃなく、できる仕組みを作ることが大切。「父親の子育てをヤバくする」をミッションに活動するファザーリング・ジャパン関西の理事長を務める。[⇒詳細プロフィール]