USJのジェットコースターはなぜ後ろ向きに走ったのか?(img via usj.co.jp)

この本ご存知ですか?

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンをV字回復させた立役者が明かす、ずば抜けたアイデアを生み出すためのメソッドだそうです。

 

USJといえば、開園当時は鳴り物入りで、大阪を盛り上げる起爆剤としてメチャクチャ注目集めました。

しかしながら、その後は鳴かず飛ばずで、とてもディズニーに迫るような勢いはなく・・・。

それがこの数年、世間をあっと驚かせるアイデアを次々に投入し、気づけば東京ディズニーシーを抜いて、日本第2位のテーマパークになったと言われています。

これを実現させたのが、USJのCMO(最高執行責任者)森岡毅氏であり、彼がUSJのジェットコースターを後ろ向きに走らせた企画の立役者と言われています。

タイトルが素晴らしい!

誰もが気づきそうで決して気づかない。
そんなアイデアをどうやって生み出したのか?

方法があるのならぜひとも教えてもらいたいものです!
僕もT-SITEでふと目にとまって気づいたら手にしてました。

後ろ向きは目的ではない!

ネタバレするわけにはいかないので詳細は伏せますが、タイトルだけみると、「どうやってバックドロップを発案することが出来たのか?」ってことに注目が集まりますよね。

それそのものがゴールのようなイメージがあります。
でも実はそうではないんですよね。

より大きな目的のために!

あのような斬新な発想が生まれることは特筆すべきことです。

でも、本を読んでみると、それは決して才能あるアイデアマンだからこそ、というわけではないと感じました。

それはきっと、「低予算で来園者大幅UP」という大いなる目的を実現するための、「たぎる情熱」と「たゆまぬ努力」の成せる業ではないかなと思います。

要は、必死で考え続けた先に、ビッグアイデアが眠っているということですよ!

以上、USJにも久しぶりに行ってみたい篠田でした。

 


The following two tabs change content below.
篠田 厚志

篠田 厚志

理事長 / おやこヒッチハイカーファザーリング・ジャパン関西
三児の父親。安定の大阪府庁を退職し、NPOの世界へ。 父親の子育てはやれと言われてやるもんじゃなく、できる仕組みを作ることが大切。「父親の子育てをヤバくする」をミッションに活動するファザーリング・ジャパン関西の理事長を務める。[⇒詳細プロフィール]