お気の毒ですが・・・

ドラゴンクエストでもっとも見たくないセリフ。
それは間違いなくこちら。

「おきのどくですが、ぼうけんのしょ3ばんはきえてしまいました」

リセットもクソもない。
あまりにも無慈悲なメッセージ。

何度このメッセージに泣かされてきたことか。

消えると3日くらいは立ち直れません。

でも、不思議なもので3日も経つともう一回イチから頑張れるんですよね~。

 

ファミコン時代は、冒険の書が消えるのがホントに多かったですね。

そのため、子どもたちはみんな、何よりも慎重にカセットを扱っていました。

ものを大切に扱う精神とか、冒険の書が消えてもやり直すとか、そういうやりきるチカラというのは、もしかしたらこのあたりで培われたのかもしれません・・・。

今の子どもたちも、プレステとかDSとか近未来ハードではなく、ファミコンという初期のハードから初めて欲しいものですね。

人生で大切なもののすべてはそこに詰まっています。

 

以上、生きていくうえで必要なことは全部ファミコンから教わった、篠田でした。


The following two tabs change content below.
篠田 厚志

篠田 厚志

理事長 / おやこヒッチハイカーファザーリング・ジャパン関西
三児の父親。安定の大阪府庁を退職し、NPOの世界へ。 父親の子育てはやれと言われてやるもんじゃなく、できる仕組みを作ることが大切。「父親の子育てをヤバくする」をミッションに活動するファザーリング・ジャパン関西の理事長を務める。[⇒詳細プロフィール]