やりたいことをやるには・・・

先日、『AERA』という雑誌に、我が家のインタビュー記事が掲載されました。

【参照】[メディア] AERA(アエラ) 2016年8月29日号『はたらく夫婦カンケイ 383』

 

僕はともかく、妻や子どもたちも一緒。

とくにメディア掲載にも揺れ動かない妻との打ち合わせは、最初のうち大変でした。

なかなか許可が下りなくて、僕も出来るのかどうかは未知数。

子どもたちへの配慮ももちろんありましたが、それ以上の理由は「部屋がきたない」「片付ける時間がない」といったものでした。

 

それには気付くことが出来た僕はどうしたか?

話し合いをする際に、必ず片付けや部屋の掃除をすることにしました。

そうすると、どうでしょう。

片付けも出来るし、自分の独りよがりではない。
それなら「まぁいいんじゃない」と。

おかげでOKサインをもらうことが出来たのです!

 

どうすれば人からOKをもらうか?

それは、仕事でもプライベートでも、相手に何かをしてもらいたいときは、まず、自分がどうするかを考えることが大事ってことですね。

自分の我を通すことも大切ですが、子どもも含めた家族のために何が出来るのか。

考えるのはまずそこからではないかと思います。

 


The following two tabs change content below.
篠田 厚志

篠田 厚志

理事長 / おやこヒッチハイカーファザーリング・ジャパン関西
三児の父親。安定の大阪府庁を退職し、NPOの世界へ。 父親の子育てはやれと言われてやるもんじゃなく、できる仕組みを作ることが大切。「父親の子育てをヤバくする」をミッションに活動するファザーリング・ジャパン関西の理事長を務める。[⇒詳細プロフィール]