関西住みたい街ランキング2016

先日、関西ローカルにて放送された「関西住みたい街ランキング2016」。

関西198市町村に細かなアンケートをとり、住むうえで重要となる7つの要素「医療・安全・財政・商業・文化環境・自然環境・人口増加率」をポイント化。

その結果をランキングにするという番組に、VTRで登場いたしました。

子育てしやすい街ランキングベスト5

住みたい街ランキングとは別に、4つのテーマでのランキングもありました。

  • 地震に強い街
  • セカンドライフを送りたい街
  • 医療が充実している街
  • 子育てしやすい街

僕は、「子育てしやすい街」ベスト5の採点とコメントを担当させていただきました。

ちなみに、子育てしやすい街のベスト5は以下のとおり。

  • 1位 大阪府池田市
  • 2位 奈良県野迫川村
  • 3位 奈良県生駒市
  • 4位 大阪府高槻市
  • 5位 兵庫県伊丹市

【池田市が選ばれた理由】

鉄道・空港・高速道路へのアクセスがとってもよく、通勤・出張・旅行などが便利で、子育て中のお父さんたちにとってもありがたいということ。
3人目を池田市で出産すると、池田市に本社があるダイハツの車が無料でリースされるということ。
この2つが特にポイントが高く、関西1位に輝きました。

【野迫川村が2位の理由】

こちらは、移住したら100万円の補助が出るというダイレクトなお得感、4LDKの村営住宅が3.5万円で借りれるという住んだあとの手厚さ、中学生全員無料で語学留学(グアム)に連れてってくれるということがポイントでした。
それくらい必死にならないと来てくれないということでもあるんですが・・・。

【生駒市が3位な理由】

僕は、生駒市は池田市とほぼかわらない配点をしました。
ポイントは2つです。
ひとつはやっぱりアクセス。
地下鉄との乗り入れもあり、大阪市内中心部へのアクセスもスムーズだということ。
もうひとつは、保育所・学童の時間が他市よりも長く、市外に勤める親にとってとてもありがたいサポートがあるということです。
今回は3位でしたが1位でもおかしくない手厚さだと思っています。

 

住みたい街ランキング

総合ランキングのベスト3を見てみましょう。

  • 1位 京都市
  • 2位 芦屋市
  • 3位 西宮市

あー、なるほどって感じですね。
まぁ予想どおりと言えばそのとおり。
単純な住みやすさだけじゃないのがミソです。

 

ランキングは人の想いを反映しない

今回、ランキングに関わらせてもらって感じましたが、ランキングってホンマ難しいんですよ。

実際どうですか?
ランキングとみなさんの感じ方って違っていませんか?

それもそのはずです。
根拠のあるランキングにするためには、客観的な指標な内容になります。

そこには、人の優しさとか、コミュニティの強さなどがあまり反映されません。

また、ランキングとして特集するには、それだけの特色が必要になります。

ただ手厚いという程度では、なかなかランキングの上位に入ることは難しいし、逆を言えば、他にはない「スペシャル」なものがあれば、上位に取り上げられることもあります。
(「子育てしやすい街」ランキングでも、5つの街はそれぞれに大きな特色がありました。)

だから、ランキングを見てもなんとなく「???」ってなるんだと思います。
でも、そうでなければランキングにはしづらいので・・・難しいところですね。

もちろん上位にランクインすることはとっても大事なことですが、ランキングはあくまでランキングと思うことも大事なのかもしれませんね。

 

僕は、結局のところ大事なのは、自分が今住んでいる街が好きかどうかだと思います。

ランキングはあくまでランキングと認識して、ぜひとも我が街を大切になさってください。

 

以上、枚方市が微妙なところにいましたが、TSUTAYA発祥の地として紹介され、上機嫌な篠田でした。

 


The following two tabs change content below.
篠田 厚志

篠田 厚志

理事長 / おやこヒッチハイカーファザーリング・ジャパン関西
三児の父親。安定の大阪府庁を退職し、NPOの世界へ。 父親の子育てはやれと言われてやるもんじゃなく、できる仕組みを作ることが大切。「父親の子育てをヤバくする」をミッションに活動するファザーリング・ジャパン関西の理事長を務める。[⇒詳細プロフィール]