20161028112201

妻は毎年、2種類の年賀状を準備します。

親戚と家族ぐるみの友人には、家族写真の年賀状。

職場仲間と妻の個人的な友人には、家族写真を使わない年賀状。これは僕が作るものを使っています。

何でそんな面倒臭いことするん?と妻に聞きました。

 

妻は受け取る相手を考えて使い分けているそうです。

職場や個人的な友人には、自分の家族を知らない人もいる。

知らない家族写真を送られて不快に思う人もいるかもしれない。(家族をもっていない人も多いし)

ということだそうです。

面倒臭く感じてしまいますが、本当はそれが正しいのかもしれません。

 

家族を知らない個人的な友人にも、既婚未婚関係なく家族写真の年賀状を送る僕。

なぜなら僕の自慢の家族を見て欲しいから。

 

ああ、ええ迷惑…

 

あっ、そうか。

子どもだけの年賀状写真に意見する資格は僕にはないです。

一周回って子ども写真だけの年賀状を肯定します。

 

みなさん、自分の見せたい写真を自分の責任で送ったらええんですよね。

一般常識の範囲内で。

来年のお正月も、可愛い子ども写真の年賀状が大量に行き交うことでしょう♪

 

おわり

 

 


The following two tabs change content below.
和田 憲明

和田 憲明

副理事長 / マジックパパファザーリング・ジャパン関西
マジックパパ代表、主夫。娘の誕生を機に主夫となり保育士資格を取得。FJKでは初代理事長、現副理事長を務める。特技は手品、趣味はSF・特撮・アニメのオタク系パパ。 [⇒詳細プロフィール]