わが家の子育てパパ次第

理事長の篠田です。

子育て本ってホントにたくさんありますね〜。
ありすぎて、正直なにを読んだらいいかわからないくらいです。

でも、パパをターゲットにしたものはまだまだ少ない。

パパ向け書籍のパイオニア

そんななかで、この本はパパ向け書籍としてのパイオニアといえるかもしれません。

▼「わが家の子育てパパしだい!」(著者:ファザーリング・ジャパン関西理事[顧問] 小崎恭弘

僕も以前に読みましたが、とても面白いです。

先日、ファザーリング・ジャパン関西の仲間である岡元譲史さんが、SNSで書評を書いてくださっていました。

書評もとても素敵でしたが、同時に書かれていた子育て感がとってもムネアツでした。

「子育て価値」

僕たちも、子育てしていると「イクメンですね〜〜〜」なんてことを言われたりするんですよ。

まぁそれはそれで間違ってないかなと、僕は思っています。

世間一般の男性の多くがまだまだやっていないイメージがあるなかで、やっている人は目立ちますから。

ただ、それ以上にやっている女性が褒められることは少ない。
これが問題なのだと。

そのとおりだと思います。

その理由は、いわゆる「子育て価値」というものが、とっても価値があるものなのにあまり可視化されてこなかったからじゃないかと思います。

ホントにもったいないですよね。

実践例を見える化

だから、ファザーリング・ジャパン関西では、そうした子育て価値を見える化することを、大きな目的としています。今後も、多くの実践例を見える化していきたいなと思っています。

いつかは本も出せたらいいですね。
乞うご期待。

連続更新1周年まであと334日。


The following two tabs change content below.
篠田 厚志

篠田 厚志

理事長 / おやこヒッチハイカーファザーリング・ジャパン関西
三児の父親。安定の大阪府庁を退職し、NPOの世界へ。 父親の子育てはやれと言われてやるもんじゃなく、できる仕組みを作ることが大切。「父親の子育てをヤバくする」をミッションに活動するファザーリング・ジャパン関西の理事長を務める。[⇒詳細プロフィール]