パパならではの子育てとは?

篠田です。

講座などをお話をすると、よく「パパならではの子育てを教えて!」と質問をいただきます。

同じパパとしては、とってもよくわかります。
誰しも、自分にしかできない領域がほしいものです。

そこで、今回は「パパならではの子育て」とまではいかないかもしれませんが、「パパらしい子育て」について、簡単にまとめてみたいと思います。

子どもはどんな大人が好き?

子ども達の好きになるのは、以下をしてくれる人です。

①「快」を与えてくれる人

これは食事や排泄などのお世話をしてくれ、不快を取り除いてくれる人のことです。

②「安心・安定」を与えてくれる人

いつも同じ関わりを、くり返ししてくれる人。たとえば、絵本をくり返し読んでくれる人がこれにあたります。

③「興味・関心」を与えてくれる人

遊びや楽しさがある人、変化・刺激をくれる人。つまり、自分の知らないことを見せて楽しませてくれる人ですね。

子どもってなんて上からなんでしょうね(笑)
そう、子どもは上から人を見てることさえ理解すれば、案外好かれるのは早いかもしれませんね。

パパらしさは「振れ幅」から

多くのパパにとっては、新しいことをするのが好きでもあり、得意でもあるので、好かれやすいポイントは、上でいうと③ですね。

パパらしいと感じられるポイントは、いわゆる「振れ幅」です。
極端なことをすることによって刺激を与えることは、ママにはなかなかしづらいことですね。

どうするのかをもっと簡単にいうと、今ある子育てを以下の視点を持ち込むことです。

  • 大きくする
  • 小さくする
  • 組み合わせる

さらに「激しくする」「こだわる」という味付けを加えてあげると、よりパパらしい「振れ幅」がうまれます。

何事も信頼関係があってこそ

ともすると、パパの子育ては肩車からとか、キャッチボールができるようになったらとか言う人がいます。

その人に言ってあげたい。
「子どもとの信頼関係、できてますか?」

子どもは肩車が好きなわけではありません。
その肩が100%安全だと知っているから乗るんです。

キャッチボールが好きなわけではない。
投げる人が100%信頼できるから手を出すんです。

振れ幅も同じです。

ただ、触れ幅を作ればいいってもんじゃありません。
あくまで100%信頼関係ができていてこその振れ幅です。

その点を踏まえてらしさを発揮してほしいなと思います。

 

「パパらしい子育て」いかがでしたか?

基礎編を終えたら次は実践編?
次は、それぞれ具体的にどういうものなのかを書いてみたいと思います。

今日もなんとか継続中。

 

(img via Christian Scheja)


The following two tabs change content below.
篠田 厚志

篠田 厚志

理事長 / おやこヒッチハイカーファザーリング・ジャパン関西
三児の父親。安定の大阪府庁を退職し、NPOの世界へ。 父親の子育てはやれと言われてやるもんじゃなく、できる仕組みを作ることが大切。「父親の子育てをヤバくする」をミッションに活動するファザーリング・ジャパン関西の理事長を務める。[⇒詳細プロフィール]