いつものイライラをおこさせないコツ

篠田です。

先日、車を運転していてこんなことがありました。

高速道路を走っていたときに前に車が横入りしてきました。

運転中は感情的になりやすく、横入りとかされるとものすごいイラっとするんですが、その日はまったく腹が立ちませんでした。

なんでなのかなと思っていたら、運転する際のある前提条件が違うことに気づきました。

自分のペースに制限がかかっている

その日は、ファザーリング・ジャパン関西のイベントで、車に山のようなダンボールを積み込んでいました。
重い荷物でタイヤに負担をかけないために、車のスピードに制限がかかっていたんですね。

いつもより遅いスピードだったがゆえに、横入りされても自分のペースが乱れなかったんです。

ペースを乱されないと腹が立たない

人が腹を立てるのは、だいたい自分の思いどおりにいかない場合です。

子育てもそうですよね。
自分が思ったとおりにはいかないものです。

それを、はじめからわかっていれば、ペースやリズムを乱されることはありません。

車の運転も、はじめからゆっくり走っていれば、ペースを乱されることは少なく、イラットすることもずいぶん減るのだと思います。

制限をかけておくことがペースを守ることに繋がる

制限がかかっていないほうが、自分のペースが守られると思われる方もいると思いますが、それは残念ながら違います。

車はアクセルを踏めば踏むほどスピードがでますが、そうすると、他の誰かのペースに巻き込まれたときに、自分のペースは大きく乱されることになります。

するとやっぱり腹が立ちます。

逆に、はじめから制限がかかっていることを認識していれば、ペースが乱されることはほとんどありません。

すると、自然と腹が立たないものなんです。
とにかく自由度を高めるのは逆効果です。

あまりにも制限をかけすぎてもダメですが、一定の制限をかけること、そしてその制限を認識することは、車の運転にとっても子育てにとっても、イライラしないという点でとても大事なことなんですね。


The following two tabs change content below.
篠田 厚志

篠田 厚志

理事長 / おやこヒッチハイカーファザーリング・ジャパン関西
三児の父親。安定の大阪府庁を退職し、NPOの世界へ。 父親の子育てはやれと言われてやるもんじゃなく、できる仕組みを作ることが大切。「父親の子育てをヤバくする」をミッションに活動するファザーリング・ジャパン関西の理事長を務める。[⇒詳細プロフィール]