『○○かもしれない』

篠田です。

みなさんこの絵本ご存知ですか?

りんごかもしれない

これね、いいんですよ。
小さい子ども向けではないんですが、大人が読む絵本としてはちょうどいいかもしれない。

みんな一度は考えたことがあるのかもしれない

リンゴが実はリンゴじゃないかもしれない。
リンゴにも実は意思があるのかもしれない。
リングがいま少しだけ動いたかもしれない。

こんな子どもの頃に考えたことを絵本にする人、ヨシタケシンスケ。

この人やり手かもしれない。

 

その後、また違ったテイストで書かれた本も出ていますが、軒並み増版が続くほど人気です。

ぼくのニセモノをつくるには
りゆうがあります
ふまんがあります

それぞれもぜひとも読んでみてください。

面白いかもしれない。

 


The following two tabs change content below.
篠田 厚志

篠田 厚志

理事長 / おやこヒッチハイカーファザーリング・ジャパン関西
三児の父親。安定の大阪府庁を退職し、NPOの世界へ。 父親の子育てはやれと言われてやるもんじゃなく、できる仕組みを作ることが大切。「父親の子育てをヤバくする」をミッションに活動するファザーリング・ジャパン関西の理事長を務める。[⇒詳細プロフィール]