トリックアートって不思議ですね。

写真に写すとホンマに浮かび上がってくるので、ポーズが決まればホンマ臨場感溢れる写真が撮れます。

 

先日、淡路島まで足を伸ばしたら、たまたまトリックアート展というのがやっていました。

こういうの見ると血が騒ぐというか、つい本気になってしまうのは男のサガとでも言いますか。

でも、やってると楽しいんですよね~。
画をどんな風に捉えるかはセンスが問われるところ。

というわけで少しだけ挑戦してみました。

超本気!トリックアート展

いるかショーしている次男

ホンマにそれっぽく見えるなんて、やっぱり不思議ですね。

 

このトリックアート、なんといっても撮られ上手だったのは子どもたち。

目の前で見ているとなんかもっと上手くできるんちゃうん?って思ってしまいますが、撮れたのを見るとメッチャ上手にできてます。

超本気!トリックアート展

恐竜にぶらさがる長男

超本気!トリックアート展

トリケラトプスと長女

やるなこいつら・・・。

僕も負けていられません。

超本気!トリックアート展

サメに食われそうな僕と次男

超本気!トリックアート展

ウツボを捕まえている僕、ウツボに触れようとする長女

こんな風に、大人子ども関係なく、ワクワクする体験を積み重ねていきたいものです。

 

以上、明日からFJKも夏休みですが、その響きにワクワクする篠田でした。

 


The following two tabs change content below.
篠田 厚志

篠田 厚志

理事長 / おやこヒッチハイカーファザーリング・ジャパン関西
三児の父親。安定の大阪府庁を退職し、NPOの世界へ。 父親の子育てはやれと言われてやるもんじゃなく、できる仕組みを作ることが大切。「父親の子育てをヤバくする」をミッションに活動するファザーリング・ジャパン関西の理事長を務める。[⇒詳細プロフィール]