夏休みはホンマにあっという間

先週末から子どもたちの小学校2学期が始まりました。

僕らが子どもの頃は9月1日からでしたが、最近の子どもたちは8月後半から学校って、チョットかわいそうな気もしますね。

それもエアコンが取り付けられたことと、まだまだゆとりが残ってることが理由なんでしょうか。

ただ、親からするとずいぶん楽です。

みんな給食が始まると、お弁当づくりがなくなるんですから。

このお弁当地獄から開放されるだけでも十分です。

子どもたちにとってよい夏休みか?

長男は児童会(学童)も行くことがなくなりました。

そんな状態でどうするのかと思ったら、一日中家でマンガ読むかゲームするという、ずいぶん怠惰な生活をしているじゃありませんか!

それではいけません。
せっかくの夏休みが台無しです。

子どもからすると、夏休みは超自由!
こんなに楽しいことはありません。

でも、親にとっては違います。

1ヶ月以上もある夏休みを活かさない手は無い

長い休みは、子どもたちの経験を積ませるとてもいいチャンスです。

たとえば、生涯学習サポート兵庫さんの「1週間無人島キャンプ」とか。

普段なかなか出来ない経験がつめるので、こういう機会はもっともっと増えたらいいなぁと思います。

 

以上、大人こそ、夏休みが超大事!と感じる篠田でした。

 


The following two tabs change content below.
篠田 厚志

篠田 厚志

理事長 / おやこヒッチハイカーファザーリング・ジャパン関西
三児の父親。安定の大阪府庁を退職し、NPOの世界へ。 父親の子育てはやれと言われてやるもんじゃなく、できる仕組みを作ることが大切。「父親の子育てをヤバくする」をミッションに活動するファザーリング・ジャパン関西の理事長を務める。[⇒詳細プロフィール]