パパ友とマラソンをそろそろと走る

社会人としても父親としても、日常で運動することなんてまずありません。

でも、機会があればやってみたいって思いませんか?
大概の人は「最近、運動不足で・・・」って枕詞のように使いますよね?

 

そんな、やりたいんだけどなかなかできないことって、ひとりじゃ行動に移せないんですよね。

こういうことって、誰かと一緒にやるのが一番です!

パパ友の集まり方 ~普段、やらないことこそパパ友で!~

パパ友と一緒にマラソン大会

篠田は運動そのものはほぼ全般好きなで、普段から軽いジョギングはするようにしています。

でも、いつかはフルマラソンをと、心のどこかで思っているので、大会にも出たいんですよね。

だけど、1人ではやっぱりエントリーっておっくうなんですよ。
なかなか行動に移せない。

そこで登場するのがパパ友です!

FJK公認部活動のなかには「マラソン部」というものがあります。

この部に所属するパパ友たちと一緒に走ろうってことになりまして、年明けのひらかた新春走ろう会にエントリーすることが出来ました。

 

2度目のハーフマラソンは準備がいる

実は、ハーフマラソンにエントリーするのは2回目。

1回目はかれこれ10年近く前、かろうじてですが20代の話でした。

体もそれなりに動いていましたし、さほど準備しなくても2時間きる程度には走れたものです。

ですが、さすがに36(マラソン時は37)にもなると体も重い。
あの頃のようにはたぶんいきません。

なので、それなりに準備が必要だろうと思うわけです。

 

10kmと歳の壁

ハーフを走って以降、マラソンからは遠ざかっていたので、すっかり体はなまりきっています。

少しずつ体を慣らしていくために、4kmほどのジョギングを週1回繰り返していたんですが、間もなく残り1ヶ月、さすがにそろそろ長距離はしらなあかんってことで、思い切って10km走ってみました。

・・・

・・・

キツい。

 

歳取ると、ホンマに体動かへんくなるんですね。
10km走って膝がガクガクしてました。

こんな調子でホンマにハーフ走れるんやろか。

少し、いやかなり不安ですが、パパ友たちと一緒に走るせっかくの機会です。
楽しく完走できるためにも、残り1ヶ月ボチボチ頑張りたいと思います。

みなさま、どうぞ応援よろしくお願いします!

 

以上、ハーフの補給は絶対アンパンがおすすめの篠田でした。

 


The following two tabs change content below.
篠田 厚志

篠田 厚志

理事長 / おやこヒッチハイカーファザーリング・ジャパン関西
三児の父親。安定の大阪府庁を退職し、NPOの世界へ。 父親の子育てはやれと言われてやるもんじゃなく、できる仕組みを作ることが大切。「父親の子育てをヤバくする」をミッションに活動するファザーリング・ジャパン関西の理事長を務める。[⇒詳細プロフィール]