新年の家族旅行

今日から5日まで家族旅行に出かけております。

世間のお休みは3日までですが、去年と今年と妻が新年のお休みを伸ばしてくれているので、こうして少しずらして旅行を楽しむことが出来ます。
ありがたいことです。

 

みんな一緒の休みは休みじゃない

公務員時代はカレンダーどおりの働き方と休み方でした。

それはそれでよかったし、文句もありませんでした。

【参照】「公務員」に関する一覧

 

でも、それはあまり旅行しなかったからかもしれません。
よくよく考えると、みんなが同じように休むって本当に効率が悪いと思うんです。

旅行先は人ごみがすごい。
高速道路の渋滞はひどい。
旅行代金がやたらと高い。

とにかく全員が一斉に移動するので動きにくくて仕方がありません。

ゴールデンウィークもしかり。
シルバーウィークもしかり。
ハッピーマンデーもしかり。
年末年始もお盆もしかり。

もっと柔軟な働き方が実現できれば、バカンスとかもっともっとスマートになるはずなのに。

 

1人1人の働き方と休み方を

有給休暇を比較的自由に取得できるようになれば、柔軟な働き方も一部可能になりますよね。

でも、そんな柔軟な働き方を実現するのは簡単ではありません。

それよりも、組織を軸とした就業制度ではなく、個人を軸とした就業制度にして、社会全体がもっと自由な働き方を許容できるようになったほうがよっぽど効率的です。

そうすれば、年末年始の渋滞や人ごみも、旅行先での混雑も、予約が取れないような機会ロスも、オンシーズンによる超過出費もなくなります。

 

考えるだけでスッキリしてきませんか?

大きな組織体ではなかなか難しいかもしれませんが、これからはそうした働き方が求められていくのかもしれません。

というわけで、楽々と予約が出来た3日間を楽しんできたいと思います。

 

以上、今年は休みを意識する!篠田でした。

 


The following two tabs change content below.
篠田 厚志

篠田 厚志

理事長 / おやこヒッチハイカーファザーリング・ジャパン関西
三児の父親。安定の大阪府庁を退職し、NPOの世界へ。 父親の子育てはやれと言われてやるもんじゃなく、できる仕組みを作ることが大切。「父親の子育てをヤバくする」をミッションに活動するファザーリング・ジャパン関西の理事長を務める。[⇒詳細プロフィール]