先日、息子の春休み最後の思い出づくりに大阪ドームでタイガースの試合観戦に行ってきました。

結果は糸井の3ランホームランで快勝!

もうね、本当にナマでホームランを見れるって最高ですよ!

ホームランのある日はビールが売れるって言うけどあれホンマやね。

みんな祝杯とかっていうてビール注文してましたわ。

 

昨日は昨日で、原口のサヨナラホームラン!

連夜のホームランでの劇的勝利。

見ているファンとしては疲れるんですけど、劇的な勝利は最後が気持ちいい!

 

息子をタイガースファンにする

こうして野球観戦していて特に嬉しいのは、息子がどんどん阪神ファンになっていくこと。

でも、最初からそうではなかったんです。

息子は、父親の影響で野球を始めていますが、もともとプロ野球にはあまり興味がないようでした。

まぁ、家でも野球中継が流れることがめっきりなくなりましたからね。

仕方がないと言えば仕方がない。

でも、せっかく野球を始めたのにそれはもったいないわけですよ!

なので、今年から少しずつテレビをつける回数を増やしつつあります。

すると、ルールもわかるようになってきたから、それなりに一緒に見て楽しそうにするようになってきました。

そうしたらもうこっちのもの。

 

特定の選手のファンにする

野球観戦していて一番の醍醐味は、応援する選手がいること。

僕が小さい頃は真弓とバースでしたね。(いまだに応援歌覚えてますね。)

息子にもそういう選手がいたらいいなと思って、いろいろ教えてたんですが・・・やっぱり目の前の一発にはすべてがかすんでしまいます。

息子はさっそく糸井ファンになりました。

 

結局は全部親次第

こうして息子は野球好き、タイガースファンになっていったわけですが、結局のところそれって親次第だと思うんです。

親がウキウキして球場に足を運ぶ。

親がヒットのたびに子どものように楽しそうにはしゃぐ。

そんな姿をみていて、つまらないと感じる子どもはいません。

むしろ一緒になってはしゃいでくれるようになってくれるはずです。

そんな風にひとつひとつを楽しむことができる子どもにするためには、何よりも親が楽しんでいることが一番大事。

子育てって難しく考えてしまいがちですが、とにかく、親がどれだけ楽しいことを素直に楽しんでいるか。

それ次第じゃないでしょうか。

 

以上、今日からのジャイアンツ戦、目指せ3タテ!篠田でした。

 


The following two tabs change content below.
篠田 厚志

篠田 厚志

理事長 / おやこヒッチハイカーファザーリング・ジャパン関西
三児の父親。安定の大阪府庁を退職し、NPOの世界へ。 父親の子育てはやれと言われてやるもんじゃなく、できる仕組みを作ることが大切。「父親の子育てをヤバくする」をミッションに活動するファザーリング・ジャパン関西の理事長を務める。[⇒詳細プロフィール]