先日、仕事を終えて帰ろうとしたら、電車がストップして帰ることができなくなっていました。

いや、もちろん振替輸送によって回り道をすれば帰ることはできます。

ですが、帰るためにはかなり時間と労力を要する予感がしたので、ひとまず大阪市内で待機する方法を選択しました。

 

選択肢は2つ。

①事務所に戻って仕事をこなす。
②1人でプラプラ飲みに行く。

 

どっちでもいいけど、どっちもなんというか・・・ただの時間つぶしだからあまり乗り気にはなれません。

 

そうしてしばらく考えているとふと思いました。

「なんかもっとエキサイティングなこと・・・そうだ、甲子園いこう!」

 

1人で甲子園、チョットいいじゃないですか。

 

さっそく検索してみると・・・ナゴヤドーム。

 

それならばと、返す刀で調べてみたのが「繁昌亭」。

大阪の上方落語の総本山ともいえる場所です。

すると、若干ですけど当日券もある模様。

立川志の輔さんの落語をYouTubeで見てからずっと落語に興味あったんです。

ただ仕事したり、お酒飲んだりするよりよっぽど充実した時間になることは間違い無いし、さっそく南森町へ。

 

電車が止まれば繁昌亭へ

 

初めて来ましたけど、いいですね。

残念ながら2階席しか空いてなかったですが、生の落語を聞けるなら、それはそれで十分と言えるかもしれません。

この日は、月亭方正さんと林家菊丸さんによる2人会でしたが、それぞれすごく味のある内容で面白かったんです。

特に方正は、これまでテレビ番組でしか見たことなかったですけど、落語、上手!

 

さすが噺家さんたちです。

僕もいっぱしですけど人前で話をすることもあるので、とても参考になりました。

 

時間管理術ってありますけど、こうして今までにないことをやってみる時間の使い方は、自分にとっても新しい気づきが生まれたりするので、実はとっても有効です。

今回は、たまたまフラッとやってきましたが、これは定期的にきてもいいかも。

 

以上、落語おもしろ篠田でした。

 


The following two tabs change content below.
篠田 厚志

篠田 厚志

理事長 / おやこヒッチハイカーファザーリング・ジャパン関西
三児の父親。安定の大阪府庁を退職し、NPOの世界へ。 父親の子育てはやれと言われてやるもんじゃなく、できる仕組みを作ることが大切。「父親の子育てをヤバくする」をミッションに活動するファザーリング・ジャパン関西の理事長を務める。[⇒詳細プロフィール]