昨日は長男と、久しぶりにバッティングセンターに行きました。

久しぶりにバッティングセンター

 

子どものバッティングを見ていると、ついつい厳しく指導してしまうんですが、それでも2人だけの時間は僕にとってはかけがえのないものです。

僕ももうちょっとバッティングセンターに連れてきてもらいたかったからこそ、子どもとのこうした時間を大切にするのかもしれません。

 

もちろん見るだけじゃありませんよ!

僕だって打ちます。

だいたいの保護者は、子どもの付き添いに来るだけでバットを振りません。

バッティングセンターでバットを振っている大人は僕くらいです。

きっと息子は、「エラそうに言うくせに全然やんけ!」って心の中で思っていると思います。

全然当たりませんが関係ありません。

一緒の時間を共有していることにこそ意味がある。

僕はそう信じています。

 

とりあえず、子どもとバッティングセンターという遊びはマジでオススメです。

 

以上、汗だくになりながら無心でバットを振るのが夏の風物詩・・・篠田でした。

 


The following two tabs change content below.
篠田 厚志

篠田 厚志

理事長 / おやこヒッチハイカーファザーリング・ジャパン関西
三児の父親。安定の大阪府庁を退職し、NPOの世界へ。 父親の子育てはやれと言われてやるもんじゃなく、できる仕組みを作ることが大切。「父親の子育てをヤバくする」をミッションに活動するファザーリング・ジャパン関西の理事長を務める。[⇒詳細プロフィール]
篠田 厚志

最新記事 by 篠田 厚志 (全て見る)