今ある幸せを大事にする

先日、ファザーリング・ジャパン関西(FJK)初代事務局長の井岡和海さんのお墓参りに行ってきました。

今年も故人に思いを馳せる

 

その後、家にもご挨拶に行かせていただいたんですが、子どもたちがメチャクチャ大きくなっていました。

彼が亡くなった当時、4歳だった長男はもう9歳。

ギャングエイジ真っただ中で、チョット人見知りするかわいげのある男の子に成長していました。

奥さんのお腹の中にいた双子の女の子たちはもう4歳になって、ひたすらしゃべりまくっています。

 

子ども達を見ていると、本当に時の経つのは残酷なくらい早いです。

我が家の次男は、井岡さんが亡くなったときの長男の年齢と同い年になりました。

いろんなことを重ねて見てしまいます。

今、自分がいなくなったとき、次男はどんなふうに受け止めるだろう。

その次男と同い年だった長男は、どんな気持ちで父親の死をどんなふうに受け止めたのか。

彼らは僕らに悲しいそぶりをまったく見せません。

だからこそ、心の中に秘めた思いを想像すると胸が苦しくなります。

 

でもですね。

誰がどう頑張っても、彼らの父親の変わりにはなれません。

どんなに頑張っても、彼らの胸にあいた穴を埋めることもできません。

僕らにできることと言えば、成長に寄り添い、見守り続けることだけです。

「だけ」とはいいましたが、続けられるというのは本当に大事なことです。

なかなかできることではないし、ましてや亡くなってしまった人には決してできないことです。

 

普段の生活の中では見落としてしまうことも多いですが、生きていればこそできることってたくさんあります。

 

そのありがたみを大事にして、1年1年を精一杯生きていきたいものですね。

 

以上、毎日を精一杯はしんどいから無理です・・・篠田でした。

 

生きてできることを大事にしていきましょう!

 


The following two tabs change content below.
篠田 厚志

篠田 厚志

理事長 / おやこヒッチハイカーファザーリング・ジャパン関西
三児の父親。安定の大阪府庁を退職し、NPOの世界へ。 父親の子育てはやれと言われてやるもんじゃなく、できる仕組みを作ることが大切。「父親の子育てをヤバくする」をミッションに活動するファザーリング・ジャパン関西の理事長を務める。[⇒詳細プロフィール]