退職代行サービスって・・・マジ?!

朝の情報番組を見ていると目に飛び込んできました。

 

「退職代行サービス」というものが流行しているという。

 

なんでもサービス化されるんですね。

それはまぁいいんですが、自分の進退についてまでサービスに頼らないといけないっていうのは、正直なんとも言えない気持ち・・・ですが、リクルートはマッチング等を代行していることを考えると、まぁなくはないのか。

 

インタビューに答えていた企業が、月に300件くらいの問い合わせがあるといいます。

成約1件あたり50000円ということなので、月の売り上げは最大で1500万円とか・・・マジで!?

これは、日本人のコミュニケーション能力の低下と、他者への理解のない管理職や人事担当者の存在という、非常に大きな問題を内在しているんですが、それでも大きなビジネスチャンスととらえた人ってすごいもんですね。

 

とはいえ、やはり自分の進退について、外部サービスを活用しなければならないコミュニケーション能力の低下については、非常に大きな問題です。

いまだに、一人ひとりのライフスタイルに理解のない管理職が大勢いることも大きな問題です。

家族の在り方、家族間の時間の少なさ、ダメボスの低い意識、これらをなんとかしなければ、本当に日本の子ども達の未来が大変です。

 

退職代行サービスも、今の働き方を少しでもよくするためには必要なのかもしれませんが、やはり根本的な問題解決を目指していかなければならないなと改めて思いますよね。

 

ファザーリング・ジャパン関西は子育てをおもしろがる団体です。

子ども達の楽しく豊かな生活を確保するためにも、ぜひ応援よろしくお願いします。

 

以上、退職の連絡くらいうちもやるよ!篠田でした。

 


The following two tabs change content below.
篠田 厚志

篠田 厚志

理事長 / おやこヒッチハイカーファザーリング・ジャパン関西
三児の父親。安定の大阪府庁を退職し、NPOの世界へ。 父親の子育てはやれと言われてやるもんじゃなく、できる仕組みを作ることが大切。「父親の子育てをヤバくする」をミッションに活動するファザーリング・ジャパン関西の理事長を務める。[⇒詳細プロフィール]