(この記事は女子レスリングが盛り上がってた金曜日に書きました)

オリンピック、日本人選手の活躍が多くって盛り上がりましたね。

選手のみなさんには心から「おつかれさまでした!」って言いたいです。

特に女子レスリングのメダルラッシュはすごかったです。

 

朝夕のテレビニュースでしかオリンピックを見ない人間ですが、ニュースの8割が

1 どうしてもオリンピックで

2 どうしても目についてしまって

3 どうしても言いたくなったので

記事にします。

 

ニュースのほとんどが日本人選手の活躍ばかりで、レスリングの全体像がピンときません。

世界の中で日本人選手がどんなポジションで、他の国にどんな選手がいるのか。

吉田沙保里を破ったのはどんな選手なのか。

 名称未設定

ドラゴンボールが面白い理由、それは味方だけじゃなくて敵の強さも伝えている点です。

フリーザがどれだけ悪くて、強くて、余裕こいてるか、それを事前にしっかり丁寧に描いているから、クライマックスの悟空との戦いが盛り上がる。

悟空がどれだけ力を見せたって、フリーザの強さがわからなくては盛り上がれません。

 

レスリングのニュースはフリーザの強さを描かずに悟空の活躍だけを描いたドラゴンボール。

視野が狭くて主観的、そしてウェットすぎると感じてます。

 

日本人選手が勝った瞬間・メダル授与の瞬間の繰り返しや、選手の周りの家族やチームとの絆の映像も需要があるかもしれない。

でも期待抜かれた肉体の動き、せめぎ合いが何よりもオリンピックの醍醐味なのではないかと。

もっと対戦相手の紹介、対戦相手がどのように勝ち上がってきたのか、を伝えて欲しい。

そうすればレスリングのニュースがドラゴンボール以上に盛り上がれるエンタメになるんじゃないかなぁ。

 

これはオリンピック報道全体の傾向。

今の報道が何かもダメというつもりはないですし、今のニュースを楽しまれてる方に水を差すつもりもありません。

こうすれば僕はもっと面白く感じるのではという個人的意見です。

 

ーーー
吉田沙保里、決勝の結果は銀メダル!対戦相手のヘレン・マルーリスは誰?

せめてこのwebニュースくらいの情報はテレビニュースでも入れられるんじゃないなかなぁ…


The following two tabs change content below.
和田 憲明

和田 憲明

副理事長 / マジックパパファザーリング・ジャパン関西
マジックパパ代表、主夫。娘の誕生を機に主夫となり保育士資格を取得。FJKでは初代理事長、現副理事長を務める。特技は手品、趣味はSF・特撮・アニメのオタク系パパ。 [⇒詳細プロフィール]