今朝はゆるーい内容です。

IMG_3674

写真はウルトラ兄弟ビッグトランプ。

8年前にどこかのサービスエリアで購入しました。

このトランプの表には一枚ずつ違う怪獣・宇宙人・ウルトラマンの写真が載っています。

怪獣・宇宙人42体・ウルトラマン12人。

 

これを使って8年間やり続けているゲームがあります。

家族だけじゃなくて娘の友人男子女子もまきこんで。

その名はウルトラ怪獣バトル。

IMG_3675

プレイヤーにトランプを5枚ずつ配ります。

5枚の中から好きな1枚を選んで一斉に「じぇやっ!」と出します。

一番強い怪獣・ウルトラマンを出した人が勝ち。

勝ったトランプはその場に置いておき、負けたトランプは退場します。

それを5回繰り返して最後にいちばん多くのトランプが残った人が勝ち、というルールです。

 

どの順番で怪獣・ウルトラマンを出すかによって勝敗が決まります。

勝敗はどうやって決めるのか?

 

それは和田パパのジャッジです。

「ウルトラマンとレッドキングやったらウルトラマンの勝ち」

「レッドキングとブラックキングやったらレッドキングのほうが微妙に強いな」

「ああ、ガッツ星人でてしもたか。セブンはガッツ星人には勝たれへんねん」

基本的には和田パパのオタク脳で自信をもってジャッジします。

強さが微妙だったり不明な場合は好き嫌いでジャッジすることもあります。

 

このゲームがなぜか好評で、長女とその友達男子女子は5歳から10歳くらいまで継続的にやりつづけました。

このゲームの和田パパ的メリットは、自分がいないとできないところ。

和田パパは怪獣の強さを知ってる!って特に男子の尊敬を集められましたぜ。

 

さらなるメリット。
ウチの姉妹は怪獣の強さの序列を完全に覚えました!
(和田パパの独断と偏見の)

 

10歳くらいまでの子どもにとって、遊び相手と遊びの指導者がいれば何でもゲームになる。

ウルトラマンじゃなくても表に一枚ずつ違うキャラが描いてあるキャラクタートランプはたくさんあります。

パパの得意キャラのトランプでバトルゲームはいかがでしょう。

 

IMG_0846.JPG

もう一つオススメ、巨大トランプを購入して大迫力7並べ。

 

強さを競うだけ、デカくするだけ。

それだけで遊びになる。

そこのパパ、お好きでしょ!?

 


The following two tabs change content below.
和田 憲明

和田 憲明

副理事長 / マジックパパファザーリング・ジャパン関西
マジックパパ代表、主夫。娘の誕生を機に主夫となり保育士資格を取得。FJKでは初代理事長、現副理事長を務める。特技は手品、趣味はSF・特撮・アニメのオタク系パパ。 [⇒詳細プロフィール]