1歳からのバイリンガル教育?

篠田です。

先日、次男が「パイナップル」を「パイナッポー!」と叫びました。

親バカとしては「この子、英語とかしゃべれるようになって、ホンマもう天才やな」とか思うわけです。

でも、ここで大人の思考が喜びを阻みます。

「たまたまなんじゃないのー?」
「もしかすると、子どもの英語って案外簡単なんじゃないのー?」

ホンマに喜びに水を差す大人の思考、なんとかならんもんやろうか。

でも、せっかくなので、次男のその他の言語から分析を試みました。

子どもの発する母音

うちの子どもは現在1歳半

うちの子どもは現在1歳半です。

ただいまの主な言語は以下のとおり。

「たーたん(おとうさん)」
「たーたん(おかあさん)」
「にーに(おにいちゃん)」
「なな(おねえちゃん(ねーねのこと))」
「ババー(バス)」
「パ(パン)」
「マンマ(ご飯)」
「マーンマ(ただいま)」
「チャ(お茶)」
「ナナナー(バナナ)」

まぁなどなどです。

これらを見ていて、チョットした共通項にあることに気づきましたか?

話している言葉の母音、ほとんどが「あ、い、お」なんですよね。

仮説【母音「あ、い、お」でキッズ英語はバッチリ!】

仮説に従うと「パイナッポー」はまさにそれ!

「う、え」の母音も「あ、い、お」に変換されています。

言いにくいからなのかなんなのかはわかりませんが、まずは「あ、い、お」が大事なのではないか?

そうすると、アッポー(アップル)とかもいけるんじゃないか。

父「これ、アッポーっていうねんで。」
子「ポッポー」

 

・・・どうやら正真正銘僕の子のようです。

 

(img via US Department of EducationFollow)


The following two tabs change content below.
篠田 厚志

篠田 厚志

理事長 / おやこヒッチハイカーファザーリング・ジャパン関西
三児の父親。安定の大阪府庁を退職し、NPOの世界へ。 父親の子育てはやれと言われてやるもんじゃなく、できる仕組みを作ることが大切。「父親の子育てをヤバくする」をミッションに活動するファザーリング・ジャパン関西の理事長を務める。[⇒詳細プロフィール]