声出して笑ったのはいつだったか・・・
先日、病院で3時間診察待ちになりました。

でも、不思議とイライラしませんでした。
いや、多少はしたんですけどね。

ただ、何も用意していなかった割に案外なんとかなりました。

 

理由は2つ。

ひとつは、3時間ひたすら考えごとをしていたことです。

仕事を続けていると「考える」という機会がなかなか取れないので、実は突然舞い降りてきた時間というのはとっても貴重です。

ずーーーーっと考えてたら、ヒマでイライラすることがありませんでした。

 

そして、もう1つ。

子どもを連れて行くと大抵、自分のペースを乱されるので、正直イライラします。

でも、この日は一切そういうことがありませんでした。

 

なぜか。

この日は僕が考え事をしている横で「ププーーッ!」って声がやたら響いてきます。

みると長男、コ○コ○コミックを読んでひたすら爆笑してます。

ホンマね、ひたすら笑ってます。

「コ○コ○」とか「ボ○ボ○」とかを一切読まなかった僕には、何がそんなに面白いのかはわかりません。

でも、ホンマ3時間、診察室にある漫画をひたすら読んで笑ってました。

こうして、息子が1人で時間を使うことが出来たので、イライラすることがほとんどなかったように思います。

 

ここで、ふと思ったことがあります。

最近、声出して笑うようなことってあったけなぁ。

「面白い!」って言うことや思うことは、比較的多いと思っています。

漫画で言うならば、「ONE PIECE」「キングダム」「GIANT KILLNG」など、面白い漫画はいくらでもあります。

でも、声に出して笑うまでは少ないかもしれない。

 

みなさんはどうでしょう?

声出してケタケタと笑うことってありますか?

また、声出して笑った漫画ってどんなものですか?

僕の記憶が確かならば、笑ったことがあるのは「YAIBA」「らんま1/2」「行け!稲中卓球部」「宇宙兄弟」あたりでしょうか。

これらで、僕がどんなときに声出して笑っていたか。

 

考えていくと1つの共通項を発見しました。

それは「絵」を見て笑ってたってことです。

僕は声出して笑ったシーンとかかなり明確に思い出せます。
つまり、声に出して笑うというのは、強烈なビジュアルが大事なのかもしれません。

もちろん、それだけでは伝わらない。
だから、セリフを組み合わせる。

すると、爆笑の渦というものが引き起こされるのかもしれませんね。

 

以上、腹がねじれるくらいの笑いを求める篠田でした。

 


The following two tabs change content below.
篠田 厚志

篠田 厚志

理事長 / おやこヒッチハイカーファザーリング・ジャパン関西
三児の父親。安定の大阪府庁を退職し、NPOの世界へ。 父親の子育てはやれと言われてやるもんじゃなく、できる仕組みを作ることが大切。「父親の子育てをヤバくする」をミッションに活動するファザーリング・ジャパン関西の理事長を務める。[⇒詳細プロフィール]