あるとき、ムスメがレストランを開くといってメニュー表を書いていました。

ムスメ食堂とでもいいましょうか。

子どもってこういうのホンマ好きですね。

 

僕も昔よくやりました。

あっ、僕の場合はルイーダの酒場にどんなキャラクターがいてて、誰を連れて行くのかをまとめたり・・・でしたけど。

しばらく経つと、ムスメが「できたから注文して!」といってメニューを持ってきました。

持ってきたものをみると・・・何かがおかしい。

ムスメの切り返しがときどき神がかってる話

 

こういう子どもの書き間違い、よくありますね。

もうチョットなんとかならへんのかなって思いますが・・・。

まぁ見つけてしまったので「これ間違ってんで。」って注意してやると、想いもかけないひと言がかえってきました。

 

「あたしのお店ではそういう名前ねん。」

あぁ、空いた口が塞がらへんってこういうことをいうんやな。

どこでこんな切り返し覚えてくるんやろう。

ホンマいい大人になるわこいつ。

 

以上、期待の不安渦巻く娘の将来が読めない篠田でした。

 


The following two tabs change content below.
篠田 厚志

篠田 厚志

理事長 / おやこヒッチハイカーファザーリング・ジャパン関西
三児の父親。安定の大阪府庁を退職し、NPOの世界へ。 父親の子育てはやれと言われてやるもんじゃなく、できる仕組みを作ることが大切。「父親の子育てをヤバくする」をミッションに活動するファザーリング・ジャパン関西の理事長を務める。[⇒詳細プロフィール]