病院へ行こう

子どもにこんな症状が出ました。
こんなとき、あなたならどうする?

鼻水がひどい
咳がでている
肌荒れがひどい
虫さされのような腫れがある
しもやけの症状が出ている兄弟がいる

まぁ病院に連れて行きますよね。
では、どの診療科に行きますか?

小児科?
耳鼻科?
皮膚科?

餅は餅屋

週末、子どもたちがこんな状態になりました。
なかなか悩ましい症状です。

できるならばまとめたい。
とはいえ、専門で診てもらうことも捨てがたい。

特に耳鼻科。
鼻水がひどいと中耳炎を併発しやすいですから。

病院をハシゴする

結果、我が家はどうしたか。
いろいろな事情により耳鼻科と小児科のハシゴしました。

もちろん、普段からそうするわけではありません。
可能なときは1つの病院(たぶん小児科)でまとめて診てもらいます。

今回は、次男がもともと中耳炎で耳鼻科に通院していました。
でも、しもやけや虫さされは耳鼻科で診てもらうわけにはいきません。

というわけで、2つの病院をハシゴしました。
薬局まで入れると3か所ハシゴ。

なかなか、いやかなりハードでした。

病院のハシゴは大変

この時期は特に、小児科や耳鼻科は混雑するので、お昼過ぎまで平気でかかったりします。

ただでさえ機嫌の悪い子どもたちが、お腹を空かせて余計に機嫌が悪くなる。

これをこなすのは大変です。
餅は餅屋とかいってたけどあれはあかん。
やめたほうがいいと思います。

でも、一回くらいはやっておいたほうがいいかもしれません。
子どもを病院に連れて行く、多くの母親の大変さがわかるはずです。

 

以上、病院行って逆に疲れた篠田でした。

 


The following two tabs change content below.
篠田 厚志

篠田 厚志

理事長 / おやこヒッチハイカーファザーリング・ジャパン関西
三児の父親。安定の大阪府庁を退職し、NPOの世界へ。 父親の子育てはやれと言われてやるもんじゃなく、できる仕組みを作ることが大切。「父親の子育てをヤバくする」をミッションに活動するファザーリング・ジャパン関西の理事長を務める。[⇒詳細プロフィール]