私の履歴書

日経新聞に掲載されているコラム「私の履歴書」がけっこう好きです。
(もちろん全部の人を読むわけじゃないんですけど・・・)

「私の履歴書」はだいたい30回くらいに分けて掲載されるので、ほとんと1ヶ月まるまるになります。

 

加賀見俊夫氏の履歴書!

2017年5月1日から、オリエンタルランド会長兼CEOの加賀見俊夫氏の履歴書がスタートしました。

この人の話はとても好きです。
(以前ブログに書いた「会社を知りたければ経理をやれ!」ということも、加賀見氏の体験談がもとになっています)

会社を知りたければ経理をやれ!

慶應義塾大学から京成電鉄へ。

その後、当時無名のオリエンタルランドへ出向。

そして、プロパー社員となり、ディズニーランドのすべてを見てきたこの人に生き方はとても魅力的です。

 

ディズニーランドは求められていなかった?

認める素晴らしいテーマパーク。
テーマパークの概念を変えたテーマパーク。
レジャーを語る上で決して外すことのできないないテーマパーク。

それがディズニーランドです。

ですが、構想がスタートした当初、決してそうでなかったことを教えてくれます。

 

前代未聞のテーマパークづくりにみんなが二の足を踏んだそうです。

舞浜の埋め立て問題も大変。
千葉県の協力も不安定で大変。
京成電鉄の後ろ盾にもかかわらず資金調達もままならない。

それなのに予算があまりに巨大過ぎて、国会の証人喚問に呼ばれたりもしたそうです。

 

ディズニーランドこそ成功のロールモデル。

人事もマーケティングも参考とされるディズニーランド(オリエンタルランド)に、そんな時代があったなんて考えられません。

でも、彼らの話を聞くと、それはたしかにあったわけで、それを乗り越えての今があることを教えてくれます。

 

まだまだ遅くはない!

残念ながらコラムはもう終わっちゃいました。

でも、新聞は図書館にも置いています。

直近の30日分など、図書館にいけば必ず読めます。

起業や独立、新たなチャレンジに興味関心のある方は、ぜひ読んでみてください。

少なからず燃えるものがあるはずです!

 

以上、ひさしぶりにやる気アップした篠田でした。


The following two tabs change content below.
篠田 厚志

篠田 厚志

理事長 / おやこヒッチハイカーファザーリング・ジャパン関西
三児の父親。安定の大阪府庁を退職し、NPOの世界へ。 父親の子育てはやれと言われてやるもんじゃなく、できる仕組みを作ることが大切。「父親の子育てをヤバくする」をミッションに活動するファザーリング・ジャパン関西の理事長を務める。[⇒詳細プロフィール]